清水 舞美 レコ発主催LIVE「スピログラフ」

初台 the DOORS今夜はレコ発ライブがある、ということで仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線と都営新宿線経由京王新線で初台に向かい、軽く夕食とってから、会場の「初台 the DOORS」(写真上)へ。18時開場なので、既に開いている。受付して中に入ると、主役の清水 舞美さん(写真下)が前物販を行っており、ここでCDとワンマンライブDVDを買う。しばらく待機して、定刻の18時45分に開演。
オープニング。清水 舞美さんが登場。ハプニングがあったが、あいさつをしてから最初はハードなオリジナル曲を歌って、腕を上げて手拍子を鳴らして追って掛け声も上げて気合いを入れた。次は、チャレンジ the ウクレレという事であるが、曲名を観客に当てようとするが誰も答えられず。で、最初に歌った曲を弾き語りして、時折手拍子を軽く打っていた。本人曰く、失敗だと言うそうな。
嵯峨野 礼子さん。ロックシンガー。いきなりハイテンポな曲から歌って、手拍子を鳴らして時折手振りもして掛け声を上げて突っ走りにかかった。紹介と告知をして、次は激しいけどバラードという曲を歌って、場が静まり返るのであった。最後はパワー溢れる曲を、掛け声を高らかにチャージしてから歌って、手拍子を響かせて時折手振りして熱くなっていた。

清水 舞美 レコ発主催LIVE「スピログラフ」小牧 蒼さん。軽く紹介して、淋しげな曲から歌って場が静まっていた。改めて紹介して、次は暗くて夜の雰囲気にピッタリな曲を歌って、静まっていたが追って手拍子を小刻みに打つと、最後は悲壮感漂う曲を歌って手拍子を鳴らして追って蒼コールが飛び交うのであった。
石戸 なつみさん。ロックシンガー。いつものように、オレンジ色のオリジナルTシャツの濃厚ファンが最前列に陣取り、掛け声高らかな中で登場。最初はロックな曲から歌って、掛け声を上げてヘッドシェイクして手拍子も鳴らして手振りしてブッ飛ばしてきた。次はハイテンポな曲を歌って、ヘッドシェイクにステップに掛け声に手拍子に手振りに、なーこコールと盛りに盛って大はしゃぎ。紹介して主役とのつながりを語り、告知してから最後はハードながら程々なテンポの曲を歌って、ヘッドシェイクして掛け声を上げて手拍子を打って手振りしてヘッドバットやってガンガン飛ばした。締めは、お決まりの「おつなーこ」。
絵仁さん。チャイム音付の、可愛い声の注意事項アナウンスから。手拍子響く中で、今回はソロで登場。軽く紹介してから、まずはポップな曲から歌って、手拍子を鳴らして晴れやかになる。改めて紹介して、主役とのつながりを語る。告知して、お祭りっぽい曲をセットしたと語る。次はお祭り気分の賑やかな曲を歌って、手拍子を響かせて手振りしてジャンプして熱さみなぎる。最後は驀進する曲を歌って、ヘッドシェイクして手拍子も飛び交いステップ踏んで手振りをして掛け声も上げて肩を組んで白熱したのであった。
明根 凛さん。毎度のように、黒い凛Tシャツの濃厚ファンが最前列に陣取る中で、ハンドスピーカーを持って登場。最初は爆走な曲を歌って、赤ライトを振って掛け声も上げて手拍子を鳴らしてヘッドバットして燃え上がると、次もハイテンポな曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を小刻みに凛ちゃんコールも飛び交い増々赤熱してくる。今度は晴れやかな曲を歌って、手拍子を響かせて凛ちゃんコールが飛び交い掛け声も高らかにジャンプして大はしゃぎ。最後は、大きな旗を掲げてパワー溢れる曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子にジャンプに肩組んでヒートアップする。締めは、お決まりの「おつりん」。
春日 理緒さん。手拍子が鳴り響く中で登場して、緩やかな曲から歌って、青ライトを振って手振りして手拍子を打って明るさ感じると、次は一転してしっとりした曲を歌って、場が静まり返るのであった。今度は切なさ漂う曲を歌って、静聴しきりであった。軽く紹介して、締めるのであった。
愛野 可奈さん。軽く紹介して、パワー感じるオープニングから歌って、手振りしてジャンプする。最初はハイテンポな曲から歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を打って大はしゃぎ。次は手拍子を打ってから、明るさいっぱいな曲を歌って、ジャンプして手振りして賑わった。紹介と告知して、最後の曲はタオルを使って、掛け声を高らかにタオルを振って手拍子も鳴らして時折ステップを踏んでタオルを回して最前列がもみくちゃして華やかになった。締めは、お決まりの「おつかな」。

清水 舞美さん清水 舞美さん。前半はアコースティックで、サポートギターの めいびーさんとの共演。まずは落ち着きある曲から歌って、静聴モードになっていた。トークで、サポート演奏の事を語る。次は少し悲壮感漂う曲を歌って、場が静まってきた。ここで、歌と絵を組み合わせていて、後半に映像を流すという。でもって、この時期にピッタリな曲を歌って、しっとりムードに酔いしれるのであった。そして、めいびーさんが引いて、主役ソロになる。
後半は、動画を流しながらレコ発CD収録曲を歌う。まずは、淋しげな曲から歌って、完全に静聴しきりであった。次は7月のワンマンライブで歌った曲で、手拍子を鳴らして主役の悲鳴とも言うべき雰囲気を感じ取った。実は、1曲歌えなくなった事をお詫びした。さらに、来年7月にワンマンライブを行う事を発表して、今年のワンマンライブや家庭の事情も語る。最後はバラードながら爽やかな曲を歌って、明るさを感じながら静聴して締めくくった。
この後は、物販・交流タイム。清水 舞美さんのチェキで、長蛇の列かつ予想以上に時間を要した。おかげで、絵仁さんと石戸 なつみさんと会ったところで時間切れ。こうして、会場を後にしたのであった。