お呼びですか? 2周年記念ライブ

VALLEY✕VALLEY✕TOKYO平成最後の12月、最初の土曜日はいきなり昼夜ダブルヘッダー。昼前から、都営三田線と大江戸線で上野御徒町、JR山手線で鶯谷に向かい、会場の「VALLEY✕VALLEY✕TOKYO」(写真上)へ。開場前から、既に十数人が待機していた。そして、定刻の12時に開場すると、受付してドリンク引き換えとチェキ券購入を行う。12時25分に開演する。
前説は、矢島 ノブ雄さん(オシエルズ)と杏音さん(写真下・左)が登場。このライブが終わった後のオフ会の告知と、リハがボロボロな事を語ってから似顔絵争奪じゃんけんを行った。さらに、即興漫才を行って笑いを誘ったのである。ここで、矢島 ノブ雄さんが引いて、歌ステージが始まった。
飴姉妹 来世さん(写真下・右)が登場して、お呼びですか? のペアで揃うと、まずはハイテンポな曲から歌ってピンクとオレンジのライトを振って、手拍子を打って追って掛け声も上げて飛ばしにかかる。紹介して、次はエールを贈る曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子も小刻みに、時折飴ちゃんコールに杏音コールも飛び交いヒートアップするのであった。

お呼びですか? 2周年記念ライブ続いては、伊谷 亜子さんが加わって、お互いのつながりを語る。さあ、伊谷 亜子さんのギター演奏で お呼びですか? 歌うことになり、まずは爆速に近い曲を歌ってダンスすると、掛け声を上げて手拍子も鳴らして突っ走りにかかった。トークで、お互いが会った時の近況について語る。次は主従逆転で、伊谷 亜子さんがギター弾き語りでロックな曲を歌って、お呼びですか? がバックダンスをやると、掛け声を上げてヘッドバットやって手拍子も小刻みにバリバリやりまくった。今度は早口な曲を歌って、手拍子を響かせて懐古気分に浸っていた。ここで、伊谷 亜子さんソロになって告知してから、最後は手振りして食べ物の曲を歌って、手拍子が飛び交い哀愁を漂わせていた。今後のライブの事を語ってから、矢島 ノブ雄さんと入れ替わりで引き上げる。
お呼びですか? の特技披露。矢島 ノブ雄さんのMCで、まずは飴姉妹 来世さんがディアボロをして、難しい技も見事に決めると拍手が湧き上がる。次は杏音さんがけん玉をして何とか決めて拍手が湧き上がる。今度は飴姉妹 来世さんが手話で3曲歌って、ヲタも歌って拍手。最後は杏音さんが懐かしの歌謡曲ワンコーラスを5曲連続で歌って、手拍子を打って静聴して拍手。

お呼びですか?(杏音さん(左)と飴姉妹 来世さん(右))そして、お呼びですか? 新曲発表が行われる。矢島 ノブ雄さんが制作した新曲について語り、お呼びですか? のペアだけになって、まずはテーマ曲から歌って、手拍子を鳴らして時折手振りして掛け声も上げて白熱してきた。練習時に緊張した事を語って、今度はバラードを歌って、ライトを揺らして静聴しきりであった。ここで、矢島 ノブ雄さんが登場して今回のライブのバックグランドについて、福祉関連の方々のサポートもあった事を語る。再び お呼びですか? のペアになって、感謝の気持ちをつづった曲を歌って、手拍子を鳴らして温かさを感じると、最後は代表的な曲を歌って、手拍子を小刻みにヲタ定番掛け声も上げて呼んでコールも飛び交い、晴れやかになったのであった。
で、終わるわけないでしょ。アンコールだよ。新曲を再び歌って、手拍子を響かせて手振りして掛け声も高らかに、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、エンディングを迎えて華麗に締めくくる。
この後は、物販・交流タイム。当然ながら、長蛇の列であった。チェキ撮影の後、少し滞在する。後で神田にてオフ会があるが、お茶会と被って行けない。そして、夜の会場の日暮里に向かった。