アキバに着いたら初ぴな(ディナー編)

ネットカフェで休んだ後、日が暮れたアキバを歩き、最後の目的地・ぴなさくら店へ行く。
今日のさくら店遅番のメイドさんは4人。かるきさん、よぞらさん、ふわりさん、みうなさん。ぴーち店とは対照的に全員顔見知りである。偶然なのか、必然なのか、どっちなのか? お土産は1つ残った大阪のお菓子である。
ドリンクは、シャカシャカカクテル・ノンアルコール甘め(写真上)で、食事は、メイドのお絵描き! らぶりんハンバーグ!(写真中)である。どちらも、お相手はよぞらさんである。

なんでも、よぞらさんはキティちゃんがお気に入りという事で、お絵描きは、それにしようということになった。よくできました~。
最初は、結構賑わっていたのだが、19時を回ると次々と客が出発するではないか。で、あっという間にはけてしまった。
そうそう、ふわりさんはメガネをかけていたそうだが、レンズは入ってなかった。いわゆるだてメガネ。余談だが、僕は視力が良くないので普段はメガネをかける。チェキの時は外すけどね。

デザートは、ミニプリンパフェ(写真下)を頼む。さすがにそれだけではキツイので、ドリンクとしてオレンジジュースも頼んだ。これで、プリン関連はオーダーストップとなった。
でもって、隣にいないのに誰か呼んでいるのかと思ってボケて、かるきさんに突っ込まれた。
と、あっという間に時間が来てしまったではないか。早いナァ。
改めて思う。やっぱりアキバはいい。夜になっても賑わっている。活気がある。だから気に入っている。なおかつ、心のオアシスであり、支えである。