苛酷!! 炎天下の引越作業

半月前に新居に移った遊び人。だが、荷物は必要最低限しか持って来てなく、ほとんどが多古町の旧宅に残ったまま。
もちろん、旧宅の荷物を持ってこなくては生活できない。が、引越業者に頼めば万札が何枚飛ぶことか… だいいち荷物量も業者に頼むほどではない。だったらレンタカーでトラックを借りて自前でしたほうが安くて済むに決まってる。
そこで、前晩にトラックを借りて国道6号線・464号線経由で多古町へ。高速道路なんて使う余裕は無い… 約2時間で到着し、積み込み。電気は止めてるから懐中電灯を照らしながら段取り良く(←まるで夜逃げ屋)。これは楽だった。
空が白んだ4時頃に行きのルートを戻るようにして新居へ。7時半に着いて、いざ搬入。が、ここからが本当の地獄。シェアハウスだから以前より狭く、さらに3階まで階段、そりゃ過酷だった。おまけに炎天下。中を整理するのは後回しで、すべてを路肩に下ろしてからトラックを返却。梅雨の中休みの中、半分死にかけた状態で搬入を行ったのだ。まさに、「遊び人、仕事人になる」である。
昼になっても減らない。とにかく部屋に入れるしかない。夕方にやっと入れ終わった。後日の筋肉痛が怖いナァ。今でも感じているが。