bookmark Vol.50

渋谷エッグマン休み明けでも、ライブは止まらない。都電荒川線と都営バスで神南一丁目に向かい、会場の「渋谷エッグマン」(写真上)へ。17時30分開場なので既に開いており、受付して中で待機する。定刻より5分遅れの、18時5分に開演。
鈴木 友里絵さん。ギター弾き語り。緩やかな曲から歌い始め、しっとりなムードに静聴しきりであった。軽く紹介して、手拍子が響く中で次はハイテンションな曲を歌い、気持ち良く駆け出す。改めて紹介して、ここでの過去の出来事を語る。今度の曲は、手拍子をリクエストして晴れやかに歌い、時折掛け声と手振りして賑やかになる。チューニングと告知をしてから、来年2月のワンマンライブの日程が決まってから歌ってる曲を歌い、手拍子を鳴らしてパワー溢れるリズムに熱さを感じる。詳しい告知をしてから、最後は今日に出来たばかりの曲を歌い、手拍子を響かせ気分良く締めくくる。
にゃんぞぬデシさん。ギター弾き語り。BGMが流れる中で登場して、ハイテンポな曲を歌うと突っ走るが場は静まったままであった。紹介して、名前の由来と11月が秋か冬かについて語る。ハードな2曲を連続で歌い、すっかり場が静まり返っていた。チューニングして、10月に初めてアニソンを制作した事を語り、今度はその曲を歌うと手拍子を鳴らして晴れやかになる。告知して、最後は渋谷にピッタリな曲を歌い、手拍子を響かせ明るさいっぱいにした。本当に、一生懸命な子だったよ。
日乃 まそらさん。サポートギターとの共演。手拍子が高らかな中で、最初の曲を歌うとアップテンポなリズムにノリノリであった。紹介と告知して、次は爽やかな曲を歌うと手拍子を鳴らして気分良くなる。一転してしっとりした曲を歌って、場が静まり返るのであった。トークで歌った曲の事と、最近のライブについて語る。最後はパワー溢れる曲を歌い、手拍子を響かせ時折掛け声も上げてハイテンポに突き進んで晴れやかになる。

bookmark Vol.50OTOGI。ギター兼ヴォーカルの まいさん、キーボードのヒロヒロヤさんの正規メンバー2人とサポートドラムの3人体制。軽く紹介して、最初の曲を歌うと手拍子を鳴らして突っ走るのであった。次は一転して、ゆったりな曲を歌って時折パワーを感じる音感になるが、場が静まり返る。改めて紹介して、今度はリズミカルな曲を歌い、明るい雰囲気に包まれるものの静まったままであった。トークで、まいさんがギターを下ろしてから舞台に出演する事を語る。さあ、ハイテンションな曲を歌い、手拍子を小刻みに時折手振りして晴れやかになる。告知してから最後は、ハイテンポにはっちゃけた曲を歌い、手拍子を小刻みに響かせ時折手振りして明るさいっぱいにして締めくくる。
Neontetra。ヴォーカルのセイカさん、ベースのヒデユキさんの正規メンバー2人と、サポートギターとサポートドラムの2人を加えた4人体制。いつもと異なるBGMで、メンバーたちが登場する。軽く紹介して最初の曲を歌うと、晴れやかな雰囲気に手拍子高らかに気分良く。次は、毎月リリースの3分曲の1つを歌い、しみじみと静聴モードになる。改めて紹介して、今度は3分曲の第3弾リリースを記念して、その曲を初めて歌って掛け声を上げて手拍子も鳴らして突っ走る。トークで、あるアーティストとのつながりを語る。さて、振り付けをレクチャーしてから、ポップな曲を歌って手拍子を響かせて時折振り付けして大変であった。最後はタオルを使う曲を歌い、手拍子が飛び交いタオルを振って途中で告知して晴れやかなムードを振りまいた。
LUNOさん。ギター弾き語り。今回はバンド編成で、ギターのHIKARUさん、ベースのサカモト ノボルさん、キーボードの宮島 れいらさん、ドラムのやご たけるさんをを加えた5人体制。軽く紹介して、最初の曲を歌うと手拍子を高らかにヒートアップする。改めて紹介して、次は雨の雰囲気を感じる曲を歌い、一転して場が静まり返るのであった。今度はギターを下ろして、都会に出た人たちを想う曲を歌い、ゆったりなリズムに静聴しきりであった。バンドメンバー紹介と告知してから、最後は掛け声で予熱をかけてから、ゴリゴリに盛り上がる曲を歌って、手拍子を鳴らして締めは手振りと掛け声で白熱して気分上々。
TiraMiss。今回はヴォーカルのRaimuさんに加えて、サポートバンドでギター、ベース、ドラムをガールズでまとめる。軽く紹介して、最初の曲を歌うと手拍子を鳴らして時折掛け声を上げて晴れやかになる。一転して、しっとりした曲を歌い、場がすっかり静まり返る。改めて紹介して、今後のワンマンライブの事を語る。次は明るさいっぱいな曲を歌い、手拍子を響かせ晴れやかになる。今度は新曲を歌い、可愛い歌声に静聴モードになりつつ時折手振りしていた。ここでの初出演は1年前で、緊張しきりだった事や経緯等を語り、告知してから最後は感謝の気持ちを込めた曲を歌い、静聴しきりで締めくくる。
で、手拍子が止まらない。アンコールといきたいが、もう22時過ぎ。終演となった。
この後は、物販・交流タイム。かなり遅くなったので、Neontetraと少し話してから会場を後にしたのであった。