蓮音 まゆ 東京ワンマンカウントダウン企画

Leaf Room 豪徳寺今宵は、弾き語りのライブがある。仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線から東急田園都市線直通で三軒茶屋、東急世田谷線で山下に向かい、会場の「Leaf Room 豪徳寺」(写真上)へ。
観客の話によると、このライブハウスは元々経堂にあったが、騒音問題で移転したという。開場30分前に着いて、数人の観客と待機した後に定刻の19時に開場。チケット購入済なので、2オーダー分の1000円を払って受付して、席についてからドリンク引換。入口付近では前物販も行われ、賑やかになっていた。そして、ライブハウスのマスターによる注意事項アナウンス。定刻より5分遅れの19時35分に開演。

蓮音 まゆ 東京ワンマンカウントダウン企画佐々木 かのさん。ピアノ弾き語り。いきなり、電子ピアノの電源入れ忘れのハプニングがあったが、まずは初期の制作曲を切なく歌い、場が静まり返る。紹介してから、来場御礼と家庭の近況を語る。次は、緩やかなカバー曲を歌い、静聴しきりであった。今度は、もがきながらの子育てについて制作した曲を歌い、しんみりしていた。一転して、ほんわかな曲を歌うという事で、ある食べ物の曲と最近の飲み物の曲と続けて歌って、温かさが伝わってきた。ここで新曲披露、という事で花にまつわる曲を歌い、すっかり静かになっていた。告知してから、最後は埼玉県深谷市の曲を歌い、手拍子を響かせて賑やかになって締めくくる。
おしゃれ♡間違い。ヴォーカル兼ギターの大希 幸子さん、ベース兼コーラスのCARRIE☆彡さん、ドラムの大城 弘子さんの3人体制。手拍子が響く中で、ハイテンションな曲から歌い始めて、時折手振りをしてノリノリのムードになる。紹介してから、次はカバー曲を歌い手拍子を鳴らして熱くなってくる。トークで、アコースティックをやっていた中で、近頃エレキをやって難しいと感じたそうな。今度は、よく歌うカバー曲をドラムの音をガンガン響かせて、ハードに手拍子を打って飛ばしにかかる。続いては、切ないロックを歌い手拍子が飛び交い夜の雰囲気を醸し出した。一転して、舞台の曲を歌って場が静まり返っていた。トークで、写真撮影の事をこぼす。で、ハードな曲を歌ってタオル回しが始まった。バンドライブは今年最後と言って、告知してから残り2曲は、代表する曲から歌って手拍子を高らかに掛け声も上げて白熱すると、最後はハイテンポな曲を歌い、手拍子を打って時折小刻みに掛け声も加わり大はしゃぎであった。

蓮音 まゆ 東京ワンマンカウントダウン企画 出演者蓮音 まゆさん。ギター弾き語り。今回は、サポートギターとベースとの共演。手拍子が響く中で登場して、手振りをして最初の曲を歌うと、手拍子を鳴らして掛け声も上げて賑やかになる。ギターを下ろして紹介してから、次は手拍子を響かせて明る目の曲を歌い、晴れやかになる。今度はパワー感じる曲を歌い、手拍子が飛び交い調子良くなってくる。一転して、場内を暗くしてしっとりした曲を歌い、場が静まり返る。さらに、やや明る目の曲を歌って静聴しきりであった。さあ、場内を明るくしてギターを持って、詳しい紹介と出演者とのつながり、路上ライブをやってる事を語ってから、生きてて良かったと感じさせる曲を歌い、手拍子を鳴らして盛り上がってくると、告知してから最後はアップテンポな曲を歌い、手拍子を打って掛け声も上げて明るさを振りまいて、華やかに締めくくる。
で、終わらないのよ。手拍子が止まらない。はい、アンコールだよ。で、柔らかな雰囲気の曲を歌い、手拍子を響かせて終わりを惜しまんとばかりに盛り上がり、約2時間40分のライブは終演。
この後は、撮影タイムを経て、物販・交流タイム。かなり遅くなっているため、少ししてから会場を後にしたのであった。