雅孔企画『月? 満ち欠けに写る姿?』

Shinjuku WildSide Tokyo9月といえば「月」を連想する、ということで仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線と都営新宿線で新宿三丁目に向かい、夕食をとってから会場の「Shinjuku WildSide Tokyo」(写真上)へ。17時40分開場なので、既に開いている。受付して中に入ると、少しして主役の雅孔さんに会う。開演前に、注意事項アナウンス。そして、18時10分開演。このライブでは、1組毎にストーリーが加わる。
Hope of Azule。雅孔さんと水無月 はるかさんのペア。黒と白のドレスで登場。重さ感じる曲から歌い、夜の始まりを漂わせる。次の曲も、重低音を轟かせて歌い、いい気分に。ここで客席スペースの後ろに移り、語りを入れて締める。
神崎 由衣さん。色香漂う曲から歌い、明るさを振りまくのであった。続いては切なさ強まる曲を歌い、しんみりムードになる。さらに淋しげな曲を歌い、ハイテンポな歌声に軽く手拍子を響かせる。次は、よく歌うハードなアニソンを2曲連続で歌い、手拍子を鳴らして時折掛け声も上げて突っ走る。

雅孔企画『月? 満ち欠けに写る姿?』長月 舟さん。流れるような感じの曲から歌い、しばらくして掛け声上がる。紹介してから、今回のライブの事を語る。次はボカロ曲を歌い、手振りして爽やかに。長めの曲を揃えたので、最後はリズミカルなアップテンポな曲を歌い、静まりつつも時折手振りする。
森川 淳未さん。紹介してから、熱さみなぎる曲から歌い、手拍子を鳴らして突っ走る。一転して、ゆったりした曲を歌い、場が静まり返る。Yuyaさんが加わり、真っ先に決めた曲をデュエットして、臨場感を出して静聴しきりになる。ソロに戻り、最後はあたたかい月をイメージして、オリジナル曲を歌って手拍子を響かせて晴れやかなに。
ここで、バンド準備を含めた15分間の小休止。
Rosalie(ロザリー)。ヴォーカル兼ギターのまろみんさん、ベースの帰蝶(日向 あおゐ)さんのペア。ギターを、響かせてというより轟かせて演奏する。と、太い声で早口て歌い、煽りながら手拍子を鳴らしてブッ飛ばす。紹介してから、コントを繰り広げつつ告知して、今度は変な始まりから爆走モードで演奏して、手拍子が飛び交い奇声も上げてガンガン突っ走って、締めくくる。

雅孔企画『月? 満ち欠けに写る姿?』 出演者Embrasse(アンブラッセ)。ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムの4人体制。弦の音をバリバリに響かせて歌い、ガンガン突き進む。一転して淋しげな曲を歌い、場が静まり返る。爆速な曲を歌い、ノリノリになる。紹介してから、グダグダトークを繰り広げ、最後は激しさ全開で歌って、手拍子を鳴らしてブッ飛ばす。
Wing。男性ペア。悲しい雰囲気の曲から歌い、すっかり静まり返る。紹介してから、ネタTシャツの事を語る。特撮・戦隊モノの曲を軸にしている。告知して朗読を行い、最後はポップでハイテンポな曲を歌い、気分良く締める。
チームリベルタ。尾沢 トシヒデさん、太志さん、榊音 結依さんの3人ユニット。パワー溢れる曲から歌い、掛け声を高らかに突っ走る。紹介してから、榊音 結依さんだけで、しっとりした曲を歌って場が静まり返る。3人に戻って、最後は唯一のオリジナル曲を歌い、掛け声を上げて飛ばしまくって締める。
TAMUCLOUDさん。ガスマスクして登場。ロボットのような動きで、パフォーマンスする。紹介してから、予想外に弱いと語る。声からして、女性と思われる。次は月には無関係だが、宇宙な曲をバックにダンスする。物販の話をして、最後は月に関する曲を流して、ダンスパフォーマンスして宇宙の雰囲気を醸し出したまま、主役につなげる。
雅孔さん。まずは共演者と、夜の雰囲気にピッタリな曲をデュエットで熱唱して、場が静まり返る。トークで、このライブの裏話をする。次はロック調の曲を歌い、すっかり静聴しきりとなる。一旦ソロになって、カバーだが最後に歌いたいと望んだ曲の事を語り、Embrasseを呼んでから歌い、しみじみと静聴して締めくくる。
この後は、出演者全員集合して、各々の告知を行った。
そして、物販・交流タイム。各々の出演者との話に、大賑わいとなる。そして、夜も更けてきたところで会場を後にしたのであった。