第94回「アニソンやっちゃって!」

江古田club Dorothy恒例のアニソンライブに行くために、仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線と西武池袋線で江古田に向かい、夕食をとってから会場の「江古田club Dorothy」(写真上)へ。待機していると、ねみさんと会う。定刻の18時30分開場。受付すると、榊音 結依さんにも会う。さらに、ドリンク引換の時にnatukoさんと会う。気温がやや低く、天候はいまいちであった。そして、定刻の18時45分開演。
井口 妃夏さん。ぴーにゃんである。妖しげなBGMで登場して、ハイテンポな曲から歌って手拍子を鳴らして駆け出す。次は、重苦しい雰囲気が漂う曲を歌い、手振りして手拍子を響かせて追って掛け声も上げる。今度は、やや加速のついた曲を歌い、掛け声を上げて手拍子も飛び交い、追って手振りして軽く突っ走る。最後はタオルを使う曲を歌い、歯切れ良いリズムにジャンプも加わり追って掛け声上げて飛ばしにかかる。
寺井 智子さん。まずは、知名度高いアニソンから歌い、赤ライトを振って手拍子を鳴らしてジャンプして突っ走る。紹介してから、長めの曲を詰めたと言って、次は有名な和風アニソンを歌い、ヲタ定番掛け声を上げて手拍子を響かせて賑わうと、今度は緩やかな曲を歌い、ライトを振って時折手拍子を軽く鳴らして応える。告知してから、最後は有名なアニソンを歌い、徐々に盛り上がりを見せて手拍子が飛び交い時折掛け声も上げてヒートアップする。
natukoさん。芝居から始まり、最初は晴れやかな曲から歌うと、緑ライトを振って手拍子を鳴らして大はしゃぎ。また地元ネタで芝居が挟まり、次は有名なアニソンを歌い、掛け声を上げて手拍子も響かせてノリノリになる。紹介と告知をしてから、最後は難易度高いアニソンを滑らかに歌い、手拍子が飛び交い熱さが増してきた。

第94回「アニソンやっちゃって!」赤星 優さん。軽く紹介して、最初は情熱高きアニソンを歌い、赤ライトを振って手拍子も鳴らして時折掛け声も上がる。次は夜のムード漂う曲を歌い、ライトを振って手拍子も響かせて色香を振りまくのであった。改めて紹介してから、今回のセットリストを語る。今度は、懐かしの陽気なアニソンを歌い、手拍子が飛び交い気分良く。告知してから、最後ははまったアニメの熱い曲を歌い、掛け声を高らかに手拍子も鳴らしてバリバリにぶっ飛ばす。
ねみさん。軽く紹介して、熱くハイテンポなアニソンから歌い、ピンクライトを振って手拍子を鳴らして掛け声も上がる。次はアップテンポな新曲を歌い、ライトを振って手拍子も響かせて加速する。今度はハードで爆速な曲を歌い、手拍子小刻みに時折掛け声も上げてガンガン飛ばしにかかる。さらに、ちょっと懐かしの曲を歌い、落ち着きあるリズムに手拍子を軽やかに過ぎ行く夏を惜しんだ。最後はキラキラなハイテンポ曲を歌い、掛け声を高らかに手拍子小刻みに、追ってねみちゃんコールも加わり気分良い夜に突っ走る。
優奈さん。やや淋しげな曲から歌い、青ライトを振って響く歌声に異世界に行ったかのようだった。紹介とグダグダトークをしてから、次は明るさいっぱいな曲を歌い、掛け声を上げて手拍子も鳴らして歌詞飛ばしてノリノリになる。今度はロックで爆速な曲を歌い、ライトを振って掛け声も高らかにジャンプして飛ばしにかかる。トークで靴ネタと、このライブのレギュラー入りについて語る。最後は切なさ漂う曲を歌い、ライトを振って掛け声も上げてトリにつなげる。
榊音 結依さん。軽く紹介して、いきなり爆速なアニソンから歌い、赤ライトを振って掛け声も上げて手振りして突っ走る。改めて紹介してから、ここは約3年ぶりでソロは初という。次は、好きなアニメの曲を歌い、手拍子を鳴らして晴れやかになると、今度は定番中の定番のアニソンを歌い、掛け声を高らかに手拍子も響かせてノリノリになる。告知してから、最後は知名度かなり高いアニソンを歌い、掛け声を高らかに手拍子も飛び交い、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約2時間40分のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。賑やかに話が進み、22時の終了まで滞在して会場を後にしたのであった。