Summer Night Fever 2018

SHOCK ON今回は、ライブとディナーの両方を楽しめる。仕事を終えて帰宅してから、東京さくらトラムで王子、JR京浜東北線で川口に向かい、川口市のライブハウスとしては初めての場所「SHOCK ON」(写真上)へ。18時開場で既にオープンしており、開演40分前に到着した。チケットは購入済みで受付を済ませると、早速お目当ての、佐々木 かのさんに会った。席についてドリンクと食事を頼んで、しばしディナーを楽しむ。そして、定刻より10分遅れの19時10分開演。
佐々木 かのさん。ピアノ弾き語り。ママとしての、ゆったりと思いきやハイテンポな曲から歌い始めて手拍子を響かせる。紹介してから次は一転して、寂しげな雰囲気の曲を歌って場が静まり返る。今度は、このライブハウスには無いが新し目の、あの飲み物の曲を歌って静聴しきりであった。告知してから、最後は深谷市の曲を歌い、手拍子鳴らして時折掛け声上げて晴れやかになる。
凪さん。ヴォーカル。場内いっぱいに響き渡る歌声で、最初の曲を歌って静まり返るのであった。紹介ならびに近況を語ってから、次はアップテンポな曲を歌ってノリノリになると、今度は感謝の気持ちを込めた曲を歌って手拍子鳴らして陽気になる。トークで、高校の時から多くの楽器を演奏していると語る。最後は鍵盤ハーモニカ演奏の曲で、手拍子しながら気分良く。

Summer Night Fever 2018Yoshimiさん。ヴォーカル。サポートキーボードの、Mr.kazzSOULさんとの共演。夜のムードにピッタリな曲から歌い、しんみりと聴きほれるのであった。続いても、ゆったりとした曲を歌い、すっかり静聴モードになっている途中で、紹介と最近になって復活した事を語る。最後は静かながらハイテンポな曲を歌い、サポートとのデュエットも感じ良く甘さ漂わせながら締めくくる。
美苗。さん。ギター弾き語りと鍵盤ハーモニカ演奏。サポートキーボードのMr.kazzSOULさんと、サポートギターのワタリ サイカさんと、3人で共演。まずは鍵盤ハーモニカ演奏で、優しさを感じる曲から始まり、しっとりムードが漂う。次は3人で柔らかな曲を歌い、途中でヴォーカルでハイテンポになって手拍子を響かせて爽やかに。途中で、紹介と童謡を挟んで楽しく。さらに、ギター弾き語りで緩やかな曲を歌い、今度は場が静まり返る。語りを入れてから、爽やかな曲を歌い、静聴しきりであった。静けさ漂う夜らしい曲を歌い、週末前の気持ちいい時間が過ぎる。改めて紹介してから、鍵盤ハーモニカの凪さんが加わって延々とトークして、4人でタイトル未定の曲を歌い、ノリノリなリズムに気分良く。凪さんが引いて3人になってから告知して、終盤に入って切なさ漂う曲を歌い、しんみりムードになって、最後は晴れやかな曲を歌い、手拍子を小刻みに響かせる。

Summer Night Fever 2018 出演者全員SWAP(仮)。Mr.kazzSOULさんと、ワタリ サイカさんが残って、ベースのBunさんとドラムのピロさんが加わり、バンド4人体制で演奏して、Mr.kazzSOULさんが弾き語りで声高らかに歌って夜更けムードを高める。次はジャズの雰囲気で歌い、場内に深みを与える。紹介してから、グダグダトークを繰り広げて今度は、夏に相応しい曲を歌って8月の終わりを惜しむように感傷する。メンバー募集中と言ってからも長々とグダグダトークをしてから、最後は前を向こうな曲を歌って手拍子高らかに響かせて再びメンバー募集を行って締める。
コラボタイム(写真下)。佐々木 かのさん、凪さん、美苗。さん、Yoshimiさんの順番で1人ずつ登場して、8人体制で演奏して夏にピッタリな曲を歌い、見事な一体感を感じさせる。最後は爽やかな曲を歌い、手拍子飛び交い晴れやかに、終わりを惜しまんとばかりに明るくなって、約3時間のライブは終演となった。
22時過ぎになっての、物販・交流タイム。かなり遅くなったので、軽く話してから会場を後にしたのであった。