BeRRY MUSiX Special

Live Stage GUILTY今日は土曜日でありながら仕事があって、それを終えてから大きな荷物を抱えて東京メトロ銀座線で渋谷に向かい、夕食後に会場の「Live Stage GUILTY」(写真上)へ。土曜日ということもあって、16時開場で16時30分開演なので既に始まっている。会場に着いたのは18時過ぎで、この時点でViruScarletとRisky Melodyは出演済で場内に入った時には転換中だった。奥側で、DJのKOBASさんが出演者の紹介などをしていた。
JEKYLL★RONOVE。4人体制。掛け声上げて気合い入れて、最初の曲を歌うと手振りに手拍子で応える。立て続けに次の曲を歌い、手振りをしながらガンガン熱くなる。トークを挟んで、一転して今度は番組挿入歌に使われた曲を歌い、しんみりムードに場が静まり返る。さあ、ヒートアップする曲に戻して、体を揺らしてきた。ところが、疲れのせいか僕の体調に異変が生じて休憩する事に。
休憩の間、MIYUさんが出演するが、調子が戻らなかった。復調したのは、最後の転換のときだった。

BeRRY MUSiX SpecialLAPiS LiGHT。ヴォーカルの零さん、ギターのvincentさんとYoseiさん(Crisis Slave)、ベースのザキさん、ドラムのHibikiさんの5人体制。筋金入りのファンたちを筆頭に、掛け声高らかに始まって、扇子を上げる観客が多い中でメンバーが登場する。最初の曲を演奏すると、扇子を振って零さんのヴァイオリンの音に狂喜乱舞する。次の曲に移るとヘッドシェイクも加わり、奇声と美声が織り混ざって盆明けの週末の夜に酔いしれる。畳み掛けるが如く、この後の曲も扇子を振ってヘッドバットやって掛け声を上げる。一転して緩やかな曲を歌い、落ち着きを見せる。さあ、再び爆速モードに戻ってガンガン歌って扇子を振る手も素早くなって熱さ全開で疾走する。激しさ全開で突っ走る曲を歌い、扇子を振って掛け声高らかにヘッドバットする。終盤に入り、ヘッドバットにヘッドシェイクと暴れ始める曲を歌い、扇子で乱舞して美声と奇声に酔って観客の歓声が上がる。爆速な曲を歌い、扇子を小刻みに振って掛け声上げてヘッドバットやって、限界超えの突っ走りに燃える。馴染みのある曲を歌い扇子を振って、見せ所のメリゴーが飛び出して大暴れしてジャンプしてヘッドバットして大はしゃぎ。華やかな曲を演奏して、メリゴーして扇子振ってヘッドバットして燃えたままで引き上げる。
さあ観客よ、アンコールだ、LAPiSコールだ。メンバー全員が、ステージに出てきてアンコールの御礼を述べて、戯言こぼしつつ今後の事を語ってから、パワー全開な曲を歌いヘッドバットに扇子を振って手拍子を鳴らして、明るい雰囲気を醸し出して、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、締めくくり恒例の掛け声合戦を繰り広げる。DJの締めの言葉の後で、ステージに出演者全員が登場してから撮影タイムとなって、終演を迎えるのであった。
この後は、物販・交流タイム。LAPiS LiGHTのコーナーは長蛇の列で、終了ギリギリまで滞在することになった。そして、会場を後にして宿泊先の荻窪に向かうのであった。最後に、体調不良時に援護してくださった皆様、誠にありがとうございます。