SCREW UP Vol.​70

Live House 獅子王昨日はアニソンライブ、今日はバンドライブ、ということで仕事を終えて一旦帰宅してから、今度は自宅から至近距離という会場の「Live House 獅子王」(写真上)へ。18時45分開場で19時15分開演だが、着いたのは20時頃だったため、最初のLillyさん(LeAnFlor)は既に出演済みだった。
愛沢 絢夏さん。ソロで出演。場内に入った時には、ガンガン歌ってる最中であった。紹介と告知をしてから、今度の曲はジャンプして、歌い始めると手拍子に手振りと突っ走る。最後は、掛け声上げて落ち着きある曲を歌い、手振りして追っての掛け声で応える。
Lend Helios。会うのは、かなり久々だ。今回は、ヴォーカル、ギター2人、ベース、キーボード、ドラムの6人体制。まずは掛け声を上げて最初の曲を歌い、手拍子に手振りと驀進して、いつものようにヴォーカルのLENさんが後ろにも煽りをかける。次の曲も突っ走ったままで歌い、時折掛け声に手振りと加速する。紹介してから、やや悲壮感漂う曲を歌い、掛け声と手振りを挟ませながら小走りに駆けていく。これから、レコーディング期間に入る事を述べて、告知してから終盤の2曲に突入して、ハードさ全開の曲を歌い掛け声に手振りと大暴走すると、最後の曲も爆走のまま歌って掛け声に手振りに手拍子で応えて後ろへの煽りをかけて熱く燃え上がる。

SCREW UP Vol.​70戸部 まりさん。サポートバンド3人(ギター・ベース・ドラム)との共演。ハイテンポな曲を歌い、手拍子小刻みに鳴らして飛ばしにかかる。一転して寂しげな曲を歌い、場が静まり返る。明るいムードの曲を歌い、手拍子を高らかに掛け声を上げて手振りして晴れやかになる。紹介と告知をしてから、次の曲を歌う前に観客も歌うところをレクチャーしてから、テンポの良い曲を歌って手拍子を響かせて手振りして、みんなで歌ってノリノリになる。今度はダンスをする曲を歌い、手拍子鳴らして気分良くなると、最後はハイテンポな曲を歌い、掛け声高らかに煽りをかけられ手拍子小刻みに打ってヘッドバットやって、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、終演となった。
物販・交流タイム。22時を過ぎており、明日も仕事であるため軽く話してから会場を後にしたのであった。