いとう あいか 2nd生誕ワンマンライブ 「開け! 笑顔の遊園地! 〜子ども心を捕まえろ!〜」

いとう あいか 2nd生誕ライブ昼のライブが終わり、遅めの昼食をとって休憩した後で、夕方に再び会場の「渋谷 Ruido K2」へ。定刻の17時30分に開場し、今度は余裕で受付して前物販にてチェキ券を事前に買う。前物販が開演15分前に終了し、しばらく待ってから定刻の18時に開演。
主役の、いとう あいかさんが登場してファンファーレと共に歌い始めて、手拍子にヲタ定番掛け声にジャンプに黄色ライトを振ってメリゴーもやって、幸先よく始まった。あいさつしてから、次は初披露曲を歌ってハイテンポにヲタ定番掛け声に手拍子小刻みに突っ走る。畳み掛けるように爆速の曲を歌い、ヲタ定番掛け声に手拍子と加速し続ける。トークで振り付けを語り、紹介してから次はCD収録曲を歌い、ヲタ定番掛け声に手拍子鳴らして、追ってタオルを回して振ってと大はしゃぎ。
ここで、お楽しみタイム。主役が一旦引いて、MCのピンキーさんが登場。しばらくして、衣装替えした主役が登場して始まる。だが、クジは当たらず、ジャンケン争奪戦も初戦敗退と散々。
さあ、変身寸劇をやってから可愛さ満開の曲を歌い、手拍子を鳴らして掛け声を上げてはっちゃけると、今度はゲーム効果音な曲を歌い、掛け声を上げて手拍子小刻みにノリノリになる。トークを挟んで、子供心を回帰させる日曜朝の番組曲をメドレーで歌い、掛け声を高らかに手拍子も響かせ、大盛り上がり。
ここで、ゲストの高橋 秀幸さんが登場。主役とコントを少しやってから、主役が引いてソロになったところで特撮曲を歌い、手拍子に手振りに掛け声と盛々にやって大賑わい。主役とのつながりと、近日公開予定のVシネマについて語ってから爆速な特撮新曲を歌い、手拍子を響かせ掛け声を轟かせ振り付けも決める。山形県が地元といい、今後の告知をしてから最後は、知名度高めの特撮曲を歌い、掛け声を上げて手拍子も鳴らして気分良く締めくくる。
筋金入りヲタに、イジられながら主役が登場する。何か残っている、という事でライダー曲をデュエットで歌い、手拍子を響かせ掛け声も高らかに燃え上がる。ここで、高橋 秀幸さんが引くのであった。

受付近くの祝い花主役ソロに戻り、ハイテンポでリズミカルな曲を歌い、手拍子小刻みにライトを振って時折掛け声も加わり突っ走る。今度はジャンプに掛け声から歌い出して、手拍子を鳴らして時折手振りにウェーブやってテンションアゲアゲ。やや落ち着きある曲を歌い、手拍子が飛び交い時折手振りして晴れやかに。終盤に入ってポップなCD収録曲を歌い、手拍子を鳴らして時折ライトを振ってノリノリに。この後は、制作スタッフを紹介する。
グダグダなバースデーの用意をしてから、明るさ満開の曲を歌って手拍子を響かせ手振りもやって駆け出すと、今度は緩やかなテンポの曲を歌って手拍子程々に落ち着くと、最後はバースデーにちなんだ曲を歌い、ヲタ定番掛け声に手拍子に手振りやって大盛り上がり。ケーキは来たが、ロウソクに火が付いてないハプニング。で、何とか付けて乗り切った。
で、終われないよ。もちろん、アンコールだよ。しばらくして主役が登場してアップテンポな曲を歌い、手拍子を高らかに時折手振りもしてアクシデントあったりして。次はやや爆速な曲を歌い、掛け声を高らかに手拍子小刻みに、時折タオルを回して振って突っ走る。今度はジャンプする曲を歌い、風船が飛んで来て場内大混乱。ここで重大発表が行われ、アルバムを10月にリリースすることになったという。コーラにちなんだ曲を歌い、ヲタ定番掛け声に手拍子と赤熱を帯びてクライマックスを迎える。締めくくりの曲はクラッカーの準備をめぐってグダグダになったが、何とかなって歌い始めると黄色サイリウムが眩しい中でヲタ定番掛け声に手拍子にあいかコールとメリゴーをやって、クラッカー鳴らしも決まり、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がる。
と、ここでバースデーサプライズ祝い。主役、これには感動極まるのであった。撮影タイムでワイワイしながら行い、約3時間のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。前述したが、チェキは事前にチェキ券を買ってから並ぶ。長蛇の列になるほど、かなりの人気だ。そして、僕の番が来て少し話した。こうして、渋谷を後にしたのであった。​