松波 李奈 1st生誕ワンマンライブ『addicted』

秋葉原CLUB GOODMAN今日は、松波 李奈さんの初・生誕ワンマンライブがある。しかも、誕生日当日なのだ。さ・ら・に、レコ発でもあるのだ。仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線と都営新宿線で岩本町に向かい、夕食をとってから会場の「秋葉原CLUB GOODMAN」(写真上)へ。開場の30分前に到着すると、数人のヲタが待機中だった。その間にも、スタッフたちが準備のために出入りしていた。そして、定刻の18時15分開場。受付してから、前物販でCDとチェキ券を買う。今日から、第3弾という新Tシャツが販売された。また、「ゆりりん」こと、小早川 ゆりさんがスタッフで来ていた。しばし休息をとってから、定刻の19時に開演。

松波 李奈さん1部。手拍子が鳴り響く中で、主役の松波 李奈さん(写真上中)が登場。程々のテンポな曲から少し歌い、オレンジライトを振って掛け声も上げる。夜の雰囲気が漂う曲から歌うと、掛け声が上がり手拍子小刻みに鳴らして突っ走る。紹介と御礼してから、次はハイテンポな曲を歌い、掛け声を高らかに手拍子小刻みに、りーなコールも飛び交い驀進する。続いては軽めのアニソンを歌い、掛け声を上げて手拍子も鳴らしてステップ踏んでノリノリに。トークで、今回のセットリストを見たスタッフが、これは修行だと言ったそうな。そして、1年前に初のオリジナル曲を歌い始めたという。で、そのオリジナル曲を歌い、掛け声を高らかに手拍子も響かせる。今度はハイテンポなアニソンを歌い、ヲタ定番掛け声に手拍子にりーなコールと盛々に、ここでついにヲタ芸も始動した。一転してバラードを歌い、今までの賑わいが嘘のように場が静まり返る。曲の間で水を飲むが、今回は水が足りないとこぼす。ここからは、4曲ぶっちぎりで歌う。始まりはハイテンポな曲から歌い、掛け声を上げて手拍子小刻みにヲタ芸も飛び出す。次は少しハイテンポな曲を歌い、掛け声に手振りして追って手拍子も加わり、もみくちゃにジャンプまでやって気分良く。爆速な曲を歌い、掛け声に手拍子小刻みに手振りも加えてもみくちゃしまくりヘッドバットをやって白熱する。締めはハイテンポな曲を歌い、手拍子にもみくちゃに掛け声と盛々にやって、りーなコールが飛び交いヘッドバットやって燃え上がる。この後は、物販の説明して1部を締める。ここで、約10分の小休止が入る。

バースデーワンマンライブ・レコ発祝い花2部。衣装替えした主役が登場。まずは、ハードな曲から歌い始めると、手拍子を鳴らして追って掛け声も上げて駆け出す。トークで、水の事を語るのであった。ここで、リクエストコーナー。最初は和風アニソンを歌い、ヲタ定番掛け声に手拍子とりーなコールにヲタ芸と大はしゃぎ。次は爆速な曲を歌い、掛け声に手拍子小刻みに時折テンポ緩やかに熱さキープ。さらにもっと爆速な曲を歌い、掛け声速く手拍子にヲタ芸と大驀進。一転して、やや緩やかな曲を歌い、手拍子を鳴らして時折掛け声にヲタ芸と大盛り上がり。そしてハイテンポな曲を歌い、掛け声を高らかに手拍子も響かせヲタ芸飛ばして締めにジャンプしてヒートアップ。リクエストは50曲余り集まり、その中から5曲チョイスしたと語る。さあ、新曲『Call』を発表かつレコ発という事で、自ら作詞した恋愛の曲と語る。その前に、バラードのカバー曲を歌い、場が静まり返って束の間の休息となった。待望の新曲を歌い、歌詞を聴き惚れながら静まり返る。いよいよ残すは、あと2曲。難易度高い新カバー曲を歌い、掛け声を上げて手拍子も鳴らして、もみくちゃやって明るさと熱さが戻った。最後はオレンジサイリウムが眩い中で爆速の曲を歌い、掛け声に手拍子にりーなコールにもみくちゃと、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がって、2部を締めたのであった。

松波 李奈 1st生誕ワンマンライブ『addicted』で、終われるわけないよね。やっぱり、アンコールだよね。で、りーなコールも飛び交う。衣装替えした主役が登場して、トークでワンマンライブを決めてから、あっという間という経緯や日々の事、さらに今後の事を語り改めて御礼を述べる。最後に歌うオリジナル曲の進化版について語ってから、さあ歌おうかと思ったらバースデーサプライズ祝いが待ち構えていたのであった。さらに、全体写真撮影タイム。これが済むと、このライブ最速の曲を歌い、掛け声に手拍子とハイペースにぶっ飛ばした。とうとう最後の曲を残すのみとなった。歌い始めると、オレンジサイリウムが眩く掛け声に手拍子にもみくちゃになって、約2時間15分のライブは終演となった。
物販・交流タイム。当然のことながら、チェキは長蛇の列である。言うまでもないが、事前にチェキ券を買わないといけないのである。あまりの多さに、途中でチェキカメラの調子が悪くなり、スマホ撮影に切り替えられた。そして、22時に終了となった。気分良く、アキバを後にしたのであった。