中野ブロードウェイのメイドカフェに行く

明石スタジオから徒歩で中野ブロードウェイへ向かった。所要時間は約30分。なぜに向かったのか。それは、この2階にある、穴場的なメイドカフェがあるから。それが、黒猫メイド魔法カフェ(写真)である。30分飲み放題で1000円(前払制)。もちろん、時間延長も可能だ。ここの売りは、かわいい黒猫のメイドさんと話ができることである。話好きな方にとっては、うってつけ。
今日のメイドさんは4人。ちぃさん、はるさん、みはるさん、ゆきさん。(ぴなのメイドさんと同じ名前が2人も。元を含めると3人!!)
まずは、梅酒ソーダ割りをオーダー。お通しは柿ピーである。なんでも、両端の客は秋葉原のメイドカフェの常連で、1人は某店(No.1を称する店)に行き始めてから約4ヶ月というのに、チェキや写真の量が半端でなくポイントカードもかなり多い。すごい… 驚きである。
もう1人は、僕と同じ某店の元常連で今は他店(但し、ぴなではない)の常連という。話は、その某店のアトラクションメニューの事についてワイワイ盛り上がって、人気があった元メイドさんの今の話に移った。ここでは、細かいことは言及しない。
最初は、はるさんと話していたが、少しすると、みはるさんとゆきさんと話していた。やはりメイドカフェである以上、どうしてもアニメ話やアキバのメイドカフェがネタになるようである。
時間が過ぎるのは、あっという間で1時間たった。ここでは、5分前になると延長するかストップかを聞かれるので、延長なら支払いをする。次の予定があるため、別れるのは惜しいが中野をあとにした。