第10回 妙法寺 夏のふれあい祭り「みんな集まれ」

杉並区妙法寺さて、この時期の日曜日と言えば、恒例行事 妙法寺 夏のふれあい祭り「みんな集まれ」!! しかも、今回で記念すべき10回目!! ということで、昼前に都営バスと都営大江戸線、また都営バスと乗り継いで堀ノ内に向かい、会場の「杉並区妙法寺」(写真上)へ。10時から始まっており、大賑わいの中で12時40分頃に到着。出店であちこち立ち寄っては、大爆食という相変わらずの遊び人。ド空腹の反動でドカ食いする、というわけだね。と、そこで千日紅姫の長女・千姫(写真下)と会う。いつものことながら、お目当ては午後から特設ステージで行われる「千日紅姫 ステージ」であるのだ。それでも、今まではステージの後で会うのだが、今回は出演前に会えたのである。
さあ、満腹になってところで13時10分頃に、境内左の特設ステージにて待機する。日差しがきつく、青天井で暑い。一方で端のスタッフ控場所には、千日紅姫3人が準備中。次第に観客が増えて、今か今かと待っている。そして、13時40分に開演。

千日紅姫の長女・千姫まずは、三女の紅姫が登場。サポートバンド(4人)の演奏をバックに、可愛い歌声で懐かしの曲をカバーで歌う。また、懐かしのロック曲を歌い、ややノリノリになる。前寄せしてから、今度は手拍子を鳴らして陽気な曲を歌い、気分良くなったところでバンドメンバー紹介。これで、紅姫が引いたのである。
次は、次女の日姫が登場。サポート演奏(ギター2人とヴァイオリン)をバックに、一転して淋しげな台詞を語り、しんみりする曲を歌って静まり返る。
そして、長女の千姫が登場。アイドル曲を歌い、陽気にジャンプもして手拍子を鳴らして明るさいっぱいに。次は、友達の飴姉妹 来世さんの曲を歌い、ハイテンションに響き渡り楽しくなる。最後は、最前部の子供たちが総立ちになってハイテンポな曲を歌い、日姫と紅姫もサポートに加わり可愛くノリノリになって大盛り上がり。
さあ、千日紅姫3人が揃って明るさいっぱいの曲を歌い、気分良く締めくくるのであった。
少ししてから千姫物販が別の場所で行われ、チェキと9月2日に行われる飴姉妹 来世さんのライブチケットを買う。と、日姫と紅姫も物販コーナーに来ていた。15時を回って物販は終わったが、まだ祭りの賑わいは止まらない。太鼓や鐘の音に、客が集まる。しかし、出店は在庫処分と撤収を始めている。そろそろ終わりだ。概ね片付いたところで、会場を後にしたのであった。