バス★ロビ&林原も組 企画 「あなたに会いに来て トリビュートライブ」 〜リョウコにハッピーバースデイ〜

赤坂Club Tenjikuいつもなら、バス★ロビのメンバーのバースデーライブはVBMに組まれるのが通例だが、今回は特別に林原も組との共同企画のライブとして、VBMとは別枠での開催となった。朝から、都営バスと東京メトロ副都心線・千代田線で赤坂に向かい、会場の「赤坂Club Tenjiku」(写真上)へ。既に、かなり待機ヲタがいる。定刻より10分遅れの10時20分開場で、開演3分前の10時27分には「みゆきゅん」こと、心音 みゆさんのMCタイムが始まる。そして、定刻の10時30分に開演。
篠崎 柚宇さん。angelaさんのトリビュート。ハードな曲から歌い、掛け声に手振り、追って手拍子を響かせ駆け出す。紹介してから次はメドレーで驀進、爆速な曲から落ち着きある曲まで歌い、掛け声に手拍子と目まぐるしく、最後は、Shiyaさんも加わりジャンプも加わり大暴れ。
黒崎 亮さん。水樹 奈々さんのトリビュート。掛け声から始まり程よいテンポの曲から歌い、手拍子を鳴らして追って手振りも加わり、今度はアップテンポに変わってノリノリに。紹介してから、次は夜の雰囲気を醸し出す曲を歌い、手拍子を響かせ、追って掛け声も上がる。最後は例のように「え~!!」の後に「ニャン!!」をやってから、色香漂う曲を歌い手拍子を高らかに掛け声も加わり調子良く。
スクリーン下りて、転換のため小休止。

バス★ロビ&林原も組 企画 「あなたに会いに来て トリビュートライブ」 ~リョウコにハッピーバースデイ~トリビュートライブ。林原 めぐみさんのライブを、ほぼ再現するという事で、ナレーションとエピソードメッセージの後にスクリーンが上がり、バス★ロビとサポートのバンド演奏でヴォーカルのRYO-KOさんが歌い、手拍子を高らかに響かせ明るさいっぱいに。次は、榊音 結依さんが歌い、ポップな曲に手拍子に掛け声が軽め。今度は、RYO-KOさんとアカネさんがデュエットでゆったりな曲を歌い、場が静まり返る。スクリーン下りて、エピソードメッセージ、またスクリーン上がり、相川 なつさんがハードな曲を歌い、Shiyaさんのコーラスと共に手拍子を高らかに掛け声も上げて熱くなる。さらに、Shiyaさんがアップテンポでハードな曲を歌い、手拍子に掛け声とヒートアップして勢いを増す。続いては程良いテンポの曲を歌い、手拍子を響かせ気分良くノリノリに。スクリーン下りて、またエピソードメッセージ。スクリーン上がり、櫻井 ひろ*さんがハイテンションな曲を歌い、手拍子に掛け声を高らかに突っ走る。バンドタイムは一旦ここで区切りをつけた。
ここからは、出演者が入れ替わり立ち替わりで歌い、時には手拍子が鳴り響いて、時には場が静まり返るといった具合に、ムードが変わること変わること。間に、エピソードメッセージを読んで。ただ、僕は途中で気分が悪くなって少し休憩する。
再びバンドタイムになって、駆け出すように歌い手拍子が高らかに響き渡る。RYO-KOさんソロになって、あいさつとトークを繰り広げる。RYO-KOさんが引いて、入れ替わりで櫻井 ひろ*さんが晴れやかな曲を歌い、手拍子を鳴らしてムード良く。また入れ替わりで、相川 なつさんがハイテンポな曲を歌い、手拍子を小刻みに突っ走る。またバンド登場で、トークを挟んでから淋しげな曲を歌い、場が静まり返る。またソロタイムでエピソードメッセージを挟んで、榊音 結依さんが迫力満点な曲を歌い、掛け声を高らかに手拍子も飛び交い大暴れ。Shiyaさんが勢いそのままにハイテンポな曲を歌い、掛け声に手拍子も止まらず燃え上がる。アカネさんがアップテンポな曲を歌い、手拍子を響かせ掛け声も上げてノリノリに。バンド登場で御礼を述べてから、最後はRYO-KOさん一番気に入りの曲を歌い、手振りして晴れやかな雰囲気を振りまいて締めくくるのであった。
ここで、RYO-KOさんソロになってバースデー祝い、林原も組への御礼、今年のタイ滞在中での手紙を語る。直後にバースデー祝いを行ってから、出演者全員登場して告知して、約3時間半のライブは終演となった。
さあ、物販・交流タイム。出演者たちのコーナーに行き、話に花が咲く。一方、みゆきゅんは物販なし。終了と共に赤坂を後にして、今度は夜のライブが行われる江古田へ向かった。