翔美 ワンマンライブ『Smile! Smile! Smile! for you♡Round 6 ~バータイムショーin FI5VE- ☆一日中翔美をご賞味あれ~☆』

翔美さん昼のライブが終わって、ネットカフェで仮眠とって夕方に再び会場の「池袋FI5VE」へ。18時開場で開いているが、並んでいる。受付しつつ、8月5日のワンマンライブチケットを買う(「K Grande’s Summer Premium Sunday 2018!!」第3週だよ!!)。今度は、翔美さん(写真上)お手製ワンプレート(写真下)が用意されていた。サポートは昼に続いて、キーボードの磯中 ゆうきさん、ギターの大城 拓登さん。定刻の18時30分に開演。
1部。サポートバンドの演奏に囲まれながら、主役がグレーワンピースで登場。明るさいっぱいな曲を歌い、手拍子を高らかに掛け声も上げて幸先よく。続いては、夜のムードにピッタリな曲を歌い、手拍子を鳴らして賑やかになる。紹介してから、ソロになってハイテンポな曲を歌い、手拍子小刻みに掛け声まで飛ばしてきた。いきなりニワトリ帽子をかぶって、焼鳥の曲を歌うと手拍子が飛び交い、主役のモモ焼鳥配りのサービスも付いてきた。お役御免のニワトリ帽子は取って、晴れやかな曲を歌い、手拍子を響かせ時折掛け声も加わり大はしゃぎ。一転して、ゆったりな曲を歌い、場が静まり返りつつも、やや手拍子を鳴らす。さらに、しっとりした曲を歌い、静聴しきりとなる。いつの間にか、サポートバンドが復帰。明る目の曲を立て続けに歌い、静けさ漂う時が続いた。そして、晴れやかな曲を歌い、手拍子を響かせて時折手振りに掛け声も加わり、1部を締めくくると、10分ほど小休止。

翔美さんお手製ワンプレート2部。サポートバンド待機の中で、主役が黒肩出しワンピースで登場。ゆったりした曲から歌い、静寂が漂う中で始まった。次は甘さいっぱいな曲を歌い、静聴しきりで聴き惚れるのであった。続いては季節外れな曲を歌い、ちょっと納涼気分に浸る。トークを挟み、懐かしのやや遅れ目の春のカバー曲を歌い、時折掛け声が加わり明るく。今度は、夜にピッタリなテンション高めの曲を歌い、久々に手拍子を鳴らして気分上々。大城 拓登さんが引いて、カバー曲をキーボード演奏の中で2曲連続歌い、しんみりした雰囲気に場が静まり返る。ソロになって、ギター弾き語りで今日の天気に合わなさそうな曲を歌い、手拍子を響かせ晴れやかに変えた。一転して、柔らかな雰囲気な曲を歌い、静聴モードに切り替わる。夜のムード漂う曲を歌い、場が静まると思いきや時折手拍子が軽く響く。ギターを置いて、大城 拓登さんが登場。ハイテンポな曲を歌い、手拍子鳴らしてノリノリになる。ここで、磯中 ゆうきさんが登場して3人揃ったところで、最後はバンドグループのカバー曲を歌い、手拍子を高らかに手振りも加わり、気分良いままに締めくくる。
で、終わらせるわけないよね。手拍子が止まらない。翔美コールも加わり、アンコールだよ。オリジナルTシャツに白ミニスカで主役が登場すると、赤坂ウキウキをフルで歌い手拍子高らかに響かせノリノリになる。さあ、サポートバンド2人も加わり、2年後のオリンピックの公認目指す曲を歌い、次につなげるムードを漂わせて、約2時間10分のライブは終演となった。
物販・交流タイム。チェキ撮って歓談して、話に花が咲いて21時30分まで続いた。そして、御礼述べて締めくくり、会場を後にしたのであった。