翔美 ワンマンライブ『Smile! Smile! Smile! for you♡Round 5 ~ランチタイムショーin FI5VE- ☆一日中翔美をご賞味あれ~☆』

池袋FI5VEゴールデンウィーク最終日の日曜日は、昼夜連続のワンマンライブ!! 都営バスで池袋駅東口乗り継ぎで東京音楽大学前に向かい、会場の「池袋FI5VE」(写真上)へ。12時開場なので、既に開いている。受付してから、ランチタイム。かなり入っており、僕は終盤の入場だった。サポートは、キーボードの磯中 ゆうきさん、ギターの大城 拓登さん。ランチは、サポートキーボードの磯中 ゆうきさんお手製力レー&味噌汁(写真下)。しばらく待って、定刻より5分遅れの13時5分開演。
1部。主役の翔美さんが、ピンクのロングドレスで登場。オープニングはソロで登場して、いつもの赤坂ウキウキをワンコーラスして、手拍子に時折掛け声が上がる。続いては懐かしのカバー曲を歌い、手拍子に掛け声を響かせる。次も懐かしのカバー曲で、手拍子に翔美コールに掛け声高らかに賑わった。一転して、やや静かな曲を歌い、軽く手拍子を鳴らすのであった。今度は、しっとりした曲を歌い、場が静まり返る。紹介してから磯中 ゆうきさんが加わり、ここからはキーボード演奏をバックにして、まずはゆったりした季節外れの曲を歌い、静聴しきりだった。ここで、大城 拓登さんも加わって3人揃ったところで、ややテンション高めの曲を歌い明るさが漂う。さあ、やや遅れ目の春のカバー曲を歌い、時折手拍子が響いてきた。ソロになって、懐かしのカバーを続けて歌い、夏の曲で手拍子を高らかに響かせ時折掛け声も加わる。終盤に入り、ギター弾き語りで歌い、静かなムードに場が静まり返る中で時折手拍子軽く。さらにしっとり感を強めた曲を歌い、完全に異世界に飛ばされたかのようだった。今度は、テンション高めの曲を歌い、手拍子を響かせ気分上々。で、1部が終わって10分ほど小休止。

磯中 ゆうきさんお手製力レー&味噌汁2部。何を思ったのか、主役が何故かニワトリ帽子に天使ドレスという違和感たっぷりの服装で登場。焼鳥ショーにちなんで歌い、掛け声に手拍子と大はしゃぎ。ここからは、いつもの曲に戻してハイテンションに歌い、手拍子を鳴らして掛け声も上げて賑やかに。さすがに暑いのかニワトリ帽子を取ってから、明る目の曲を歌い、静けさの中で時折手拍子を響かせる。ここで大城 拓登さんが登場して、トークでビールを語る。羽根を取って装飾付けてから、次はギター演奏の中で歌い柔らかな雰囲気に静寂が漂う。今度はハイテンションな曲を歌い、手拍子を鳴らしてノリノリに。さらに、磯中 ゆうきさんが登場して、トークで卵ネタを語る。でもって、キーボードとギターの演奏を交えて、それにちなんだ曲を歌い静聴しきりだった。パワー溢れる曲を歌い、場は静まり返ったままだった。2年後のオリンピックの公認目指す曲を歌い、時折掛け声上がってムード良く。最後は陽気な曲を歌い、手拍子を高らかに手振りに翔美コールも響かせて締めくくる。
で、終わらせないよ。手拍子が止まらない。アンコールで、今度は翔美オリジナルTシャツを着た主役が登場。ハイテンションな曲を歌い、手拍子を鳴らして掛け声も高らかに盛り上がる。サポートバンド2人も登場して、バンドグループのカバー曲を歌い、手振りで始まり手拍子を響かせ晴れやかなままに、約2時間のライブは終演となった。
物販・交流タイム。休憩がしたかったので、早めに切り上げて池袋のネットカフェに駆け込む。