東京メトロ銀座線1000系、見参!!

今日は、高円寺の明石スタジオにて「ガラ劇第四弾・ガラ版地獄」を観劇するため、いつもの上京ルートで東西線にて日本橋へ行き、銀座線に乗り換えたのである。すると、偶然にも先月から営業運転に入った最新鋭の1000系(写真)が来たではないか。ラッキー!!
もちろん、乗車。なんでも、この電車は葛西の地下鉄博物館に保存されている銀座線最古の1000形をモデルに、地下でも明るいイメージをもたせたレモンイエローの車体と上部のベンガラ色を再現させたという、外観はレトロで車内・機能面はモダンの東京メトロの自信作である。
走行中、カーブを通過する際の不快なきしみ音が、ほとんど無いのである。赤坂見附まで乗ったが、その先の急カーブでもきしみ音が、あまりない。通過する時に突き刺さるような大きなきしみ音を立てる、現在の銀座線の主力車01系とは大違いである。
ただ、写真がうまく撮れなかったので、折り返し便で溜池山王まで戻って撮影。他にも撮影している人がいた。やはり1編成しかないレア編成だからねぇ。
そのあとは赤坂見附へ行き、丸ノ内線に乗り換えて新高円寺まで乗車。大手町で丸ノ内線に乗り換えたら1回で済むと突っ込まれた方。大手町のオレンジ色の改札通過と改札間の長い通路にウンザリしているので、回数は多いが乗り換え距離の短い、このルートで行ったのである。