ポプ協ミュージックフェア2018春 ~放て! ガラスの4番打者~

荻窪ルースターノースサイド「ポプ協」それは、「日本ポップ屋協同組合」のこと。実は久々に会いたいアニソンシンガーが、このライブでレコ発出演すると聞いたので、駆け付けたのであった。東京メトロ東西線からJR中央線を経て荻窪に向かい、軽く食べてから会場の「荻窪ルースターノースサイド」(写真上)へ。かなりの早着だったので、ぶらぶらして時間調整。定刻の15時に開場すると、受付してコンピレーションCDを手にして待機。定刻より5分遅れの15時35分に開演。
MCのカズミツさんのあいさつ「ポプ協の21球」。ポップスに関する訴えを、15分かけて熱く語る。このライブでは、出演者毎にプロフィール・活動とコンピレーションCD収録曲について紹介される。
【1回戦】
福原 ケイさん。男性ギター弾き語り。前半はソロで、後半はサポート2人を加えて歌うが、始まったばかりというのもあって、まだ静かであった。
KAORU+MAGARA。ヴォーカルのかおるさんとトラックメーカー兼ギターのMASASHI MAGARAさんの男女ペア。歌い始めると、掛け声が上がって賑やかになってくる。ただ、1曲だけで終わった。
rhythmagic 3rd。北村 和孝さん、潮田 裕也さん、ビリーさん、松本 伊織さんの4人で構成される男性バンドグループ。だが、松本 伊織さんは不在。まずはギターとベースで演奏するが、出端からアクシデントをやらかす。その後は、順調に演奏して突っ走る。トークで曲制作を語ると、次はギターとドラムで演奏。
【企画コーナー1】
ポプ協CM一挙放映! 昨年は、毎月1分CMを制作したという事を語ってから、その昨年のCMを追って上映して、終えてから過去の企画等を語る。

ポプ協ミュージックフェア2018春 ~放て! ガラスの4番打者~【2回戦】
ふたぐちぴょん&Y-SUGAR。ヴォーカルの歌って踊れるオッサンアイドル・ふたぐちぴょんさんとギターのY-SUGARさんの濃厚な男性ペア。ハイテンポな曲を歌い、途中で狭い中でダンスパフォーマンスにシンセもやってくれた。紹介と告知をしてから、次はヲタ曲を歌い自らヲタ定番掛け声を上げて、ややウケの一方でドン引きな女性もいたそうな。
Locate。ヴォーカルの大庭 さつきさん、ギターの廣田 高也さん、ベースの高橋 実信さん、サポートドラムの新堀 大和さん、キーボードの岡崎 俊和さん(おかぴー)の5人で構成されるバンドグループ。楽曲は、ネット配信している。ポップらしく演奏しながら歌い、ハード過ぎず心地よい。メンバー紹介してから、バラードを歌い聞き惚れる。
わたなべ まきさん。初登場。カズミツさん制作の曲を歌い、サポートでカズミツさん自らパーカッションを受け持ち、サポートギター1人も加わり、ゆったりした時が過ぎていく。サポートギター引いて2人になって、次はピアノ弾き語りで歌う。
ここで、休憩タイム。

丸山 あす香さん【準決勝戦】
ラブ・ミサイル・インベーダー。ひろみさんと、みやじまんさんの男女ペア。昭和30年代を思わせる曲を歌い、みやじまんさんは途中でギター演奏する。さらに、ユニット名そのままの曲を歌い、陽気にノリノリになる。
Guitar Pop is Dead? 本来は、シンガーのイトウカオリさん、ギター兼ハーモニーヴォーカルのチダマサキさん、ベース兼コーラスのシマダナヲトさん、キーボードのヤスイルミさん、ドラムキットのサトウダイスケさんの5人だが、今回は2人だけ出演で歌もなしであった。
Culture Center。ギターのあべゆうきさんとヴォーカル兼シンセのカズミツさんの男性ペア。2曲連続で演奏し、気持ちいいほどの突っ走りぶりに、時折手拍子を鳴らして酔いしれていた。
【企画コーナー2】
社会人ガチ音楽 Case File ~Soul Kitchenの場合~。カズミツさんの知り合いである、バンドグループのSoul Kitchenの活動を語る。Soul Kitchenは、メインメンバーがヴォーカル兼ギターの田中 俊輔さん、ベースの古川 伊織さん、ドラムの辻岡 国治さんの3人と、サポートメンバーで構成される。でもって、仕事しながら音楽活動している方の在り方を語り、そのSoul Kitchenの演奏は3人に加えてサポートはギターとキーボードの2人が共演。ここで3曲歌い、バンドらしさを強調する。
【決勝戦】
松永 まり子さん。紹介後、歌っている途中で意識が飛んでいた。不覚じゃった…
丸山 あす香さん(写真下)。今回はレコ発で、「PHF feat.丸山 あす香」として出演。まずは、シンセはMASASHI MAGARAさんとカズミツさんの2人に、なおやギターさんというサポート3人との共演で、ハイテンポな曲を歌い始めると、掛け声を上げて加速する。まるちゃんとMASASHI MAGARAさんの2人だけになり、トークを挟み次の曲を歌うと、ヲタ定番掛け声を上げてノリノリに驀進する。これで終わるかと思ったらアンコールがあったので、もう1曲歌って手拍子を高らかに追って手振りも加わり大盛り上がり。
なおやギターあいさつ「ポプ協の送りバント」。なおやギターさんが、今年のポプ協の活動ならびにポプ協のイベントについて語る。こうして、約7時間50分のライブは終演。次回のここでのライブは、9月29日に決定した。かなり押して、22時30分になって撤収。