柳下 綾子 ワンマンライブ♪

代官山NOMAD昼のライブが終わると、コンビニのイートインコーナーで夕食をとって時間調整をしつつ、スマートフォンの写真のクラウド保存や過去のチェキの整理を行っていた。
日が暮れて風が吹いて、寒くなって暗くなった中で再び会場の「代官山NOMAD」(写真上)へ。定刻の19時に開場となって、受付を済ませてから、ゆっくりと待つ。しばらくすると、昼のライブ出演者も次々と観客で加わるのであった。そして、定刻の19時30分に開演。
ワンマンライブは2部構成で、前回と同様にオケは一切なし。キーボードサポートは、松浦 碧さん。

柳下 綾子 ワンマンライブ♪1部。主役の柳下 綾子さん(写真下)が登場して、まずは熱さ感じる曲から歌い始めて、手拍子を少し鳴らして気分良い滑り出しとなった。次の曲は手拍子を響かせて、さらに手振りも加わりリズミカルにノリノリ。トークで、御礼と今後の予定を語る。さて、続いては春にふさわしい曲を歌い、しんみりして静まり返るのである。今度は、歌詞に注目する曲を歌い、場内は完全に静聴モードになっていた。と、ここで曲順間違いアクシデントが発生する。それでも、気を取り直して歌って乗り切るのであった。アコースティックなムードのまま、場が静まり返って、1部は終了したのであった。ここで、主役は一旦引く。
一方、場内ではオリジナル曲のPVが上映される。しばしのリラックスタイムといったところだろう。

柳下 綾子さん2部。衣装替えをした主役が登場。改めて紹介してから、パワー溢れる新曲を歌うと手拍子響かせて気分良く、続いて暗めの曲を歌うと静まり返る。そして、あの一人暮らしを始める事になった時を思わせる曲を歌い、しんみりとする。今度は、大切な人を思う曲を歌い、じっくり聴いていた。ライブ告知してから、あのストレス発散の曲を再び歌い、手拍子高らかに手振りと掛け声でスカッとする。最後は、定番のタオル回しの曲を歌い、手拍子も飛び交い気分良く明るい雰囲気のまま、2部も終了となった。
これでライブが終わったって? そんなことぉ~ナイナイ!! もちろん、アンコールだよ。まずは、ここまで歌っていないレコ発のリリース曲を歌い、静寂が漂い夜にピッタリな雰囲気となった。そして、締めくくりの曲は必ず最後に歌う例の曲を歌い、必ず行う手振りも忘れず掛け声も加わり、終わりを惜しまんとばかりに熱くなって、約1時間半のライブは終演となった。
この後は撮影タイムを経て、物販・交流タイム。最後あたりまで残って、代官山を後にしたのであった。