AYAKA UEHARA presents Fantasmiling! Vol.22

四谷OUTBREAKバレンタイン当日の夜も、ライブはある。仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線、都営新宿線、JR中央総武線で四谷に向かい、夕食とってから会場の「四谷OUTBREAK」(写真上)へ。定刻の18時開場で、受付してから中に入ると周りは話に花が咲くが、僕は静まったままで待機していた。しばらくして、愛原 かのんさんとAYAKA UEHARAさんに会う。そして、定刻の18時30分に開演。
如月さん。ややハイテンポなアニソンから歌い始め、掛け声を上げて手拍子ノリノリに、追って緑ライト振って応える。紹介して、バースデーを迎えたばかりと語る。次は、ややロックな曲に手拍子小刻みに鳴り響いて夜の雰囲気を醸し出す。続いては有名なポップカバー曲を歌い、手拍子軽やかに飛び交う。トークで、母が歌っていた事を語り、併せて告知も行う。最後の曲は、また有名なポップカバー曲で手拍子を高らかに、サビで観客の掛け声も調子良く。
村田 那緒さん。和の音色と共に、泡沫堂が四谷の夜に現れる。まずは、和の雰囲気を漂わせ歌い、手拍子を鳴らして歯切れ良く、追って赤ライトも揺れる。すぐに次の曲も、和の曲で手拍子を高らかに熱さ増して、間を置かずに、ややハイテンポな曲を声高らかに歌い、手拍子小刻みに切なさも漂わせる。重苦しさ感じる曲でも手拍子は響かせて、最後は一転してハイテンポなポップ曲で、手拍子小刻みに鳴り響かせて、掛け声も熱くなる。
雨宮 祈織さん。ハードロックに囲まれ登場して、水色ライトが眩い中で歌い始めるとヲタ定番の掛け声が飛び交い、手拍子にいのりんコールもかかる。ワンコーラスで次の曲を歌い、またヲタ定番の掛け声に手拍子と晴れやかに盛り上がる。紹介して、ロックシンガーであると共に役者でもあることと、AYAKA UEHARAさんとのつながりも語る。告知してから、一転して恋愛にちなんでバラードを歌い、場が静まり返る。最後の曲は、静かに始まり徐々に加速して、手拍子を鳴らして次第に賑やかになって白熱したところで締めくくり。
ここで、小休止が入る。

AYAKA UEHARA presents Fantasmiling! Vol.22アイミ・モイキューレさん。紹介して、ハイテンションな曲から歌い始めると、手拍子を高らかに駆け出す。ここで、フリップ紙芝居でバレンタインデーを語り、ややウケた。ジャンケンで勝ち残りの2人の似顔絵を素早く描く。告知してから歌に戻って、1年越しの曲を歌い、手拍子響かせて晴れやかに盛り上がる。最後は知名度高いアニソンで、掛け声に手拍子高らかにヲタモードで大はしゃぎ。
織田 唯愛さん。紹介して、気持ちを伝える曲を揃えて歌い始めると、赤ライトを振って手拍子を響かせて時折手振りも加える。次は熱く盛り上がる曲を歌い、掛け声に手拍子と唯愛コールも飛び出す。そして、初のオリジナル曲を歌い、掛け声高らかに手拍子ノリノリ。一転して、大好きであり何時も歌うという曲で、しっとりムードとなって場が静まり返る。告知してから、最後は出来たばかりの最新オリジナル曲で、手拍子を打って美声響かせて大人な雰囲気を漂わせる。
夏目 あきほさん。紹介して歌い始めると、手拍子が響き渡って手振りも揃って気分良く。次の曲もテンションそのままに、手振りでヒートアップして掛け声も加わり大賑わい。立て続けに歌い続けて、ノンストップでガンガン飛ばして、手拍子を小刻みで高らかに響かせる。間髪入れずに最後もハイテンションに歌い、手拍子にヲタ定番掛け声で大はしゃぎ。
ここで、メイン2人出演前の小休止が入る。
愛原 かのんさん。黄色ライトが眩い中で、かのんコールを響かせ、登場するなりハイテンションな曲を歌い始めて、手拍子が飛び交いジャンプも加わり大はしゃぎ。紹介して、ファンの塩対応に苦言をこぼす。次はCD収録曲を歌い、手拍子小刻みに響かせ、掛け声のこだまに手振りとノリノリ。続いては、ややハイテンポな曲で黄色ライトを振って掛け声を上げて、追って手拍子も鳴らして手振りも決まる。主なライブの発表をしてから、最後は自称自信作の曲を歌い、黄色ライト振って、手拍子を鳴り響かせて晴れやかなムードを振りまいて、トリにつなげる。
AYAKA UEHARAさん。ピンクライト眩い中で登場、歌い始めると手拍子高らかに響き渡る。ワンコーラスで紹介に移り、タオル回しの曲を歌い手拍子が飛び交い、色々なタオル回ってクラップ響き渡る。立て続けに次の曲は、掛け声煽って手拍子も熱を帯びて止まらない止まらない。マイクスタンドを持ち出し、手拍子が気持ちいい曲を歌い、歯切れ良くテンポ良く快感そのものだ。さあ、華やかな曲でリズミカルな手拍子に手振りとノリノリに。最後は、バレンタインデーに相応しく、会場をピンクに染め上げて手拍子を鳴り響かせ最高潮に盛り上がり、終わりを惜しまんとばかりに熱くなって、明るさいっぱいに終演となった。
さあ、物販・交流タイム。限られた時間の中で、何とか話をするのであった。そして、四谷を後にするのであった。