最初で最後のわきわんまん!? ~ヤマトナデシコ七変化~

新宿 WildSide Tokyoついに、最初で最後となるかも、なwak!さんのバースデーワンマンライブが決行される日が来た。東京メトロ半蔵門線と都営新宿線で新宿三丁目に向かい、夕食をとってから会場の「新宿 WildSide Tokyo」(写真上)へ。17時30分開場なので、既に開いている。観客スペースにはブルーシートが敷いてあるが、これは最初にビギナーヨガが行われるためである。ちなみに、このために移動中に着替えたのである。しばらく待って、18時30分から開始。
主役のwak!さんと、お手伝いさんのあいたん(菜月 あいりさん)と、紗鳥 響さんの3人がステージに登場して、ヨガを始めた。慣れない事ではあるが、体が柔らかくなるし温まるので30分早い入場を切望してチケットの事前購入をしたのだ。約30分のリラックスタイム、良かったねぇ。
ヨガが終わると、ブルーシートが外されて転換。少ししてから、あいたんと紗鳥 響さんのMCが始まり、ライブタイムは19時10分にスタート。
七変化その1、黒革ダンディー。ロックに始まるが静まったまま、次の曲はハイテンポで時折掛け声を上げて。さらにベタな懐かしロックを2曲連続で歌い、追って掛け声を上げて手拍子も鳴らして熱くなり始めた。忘れ物を頻発しながらトークを挟み、このスタイルでの最後の曲は、陽気なロックで手拍子が飛び交い時折掛け声も飛び出す。
MCタイムは、主役のロックエピソードを語る。
七変化その2、MUCC(ムック)。という事で湿っぽいロック調で始まり、暗さと重さを感じる雰囲気で歌い手振りで応える。さらに、次はドロドロな曲でヘッドシェイクも加わる。一転して明るい曲で、掛け声に手拍子と気分良く。高校時代のライブ参加を語り、最後はのどかな曲を歌い手拍子を響かせる。
MCタイムは、主役のMUCC好きを語る。
七変化その3、女子高生。アニソン風なオリジナル曲を歌い、手拍子が響き渡り追って掛け声も加わる。次の曲は、青春時代真っ盛りなムードで歌い手拍子も沸き起こる。さあ、ベースを持って高校時代にバンドで弾いていたというのを思い起こして、次の曲を歌い盛り上がる。トークでピックが買いにくい事を語り、最後は爽やかな曲を歌い、ゆったりするのであった。
MCタイムは、主役の高校時代の受験エピソード。

最初で最後のわきわんまん!? ~ヤマトナデシコ七変化~七変化その4、元JUDY AND MARY・YUKI。バーカウンターから赤ワンピで登場し、夜の雰囲気に合うポップで始まり手拍子が響き渡る。次は晴れやかな曲で、明るく手拍子を鳴らして気分良く。さらに、ドライブ気分な曲で手拍子ノリノリで歌も合わせて。そして、手拍子に手振り合わせて歌い、お手伝いさんの2人登場で共演してハイな気分になる。最後は爽やかな曲を歌い、華やかに締めくくり。
MCタイムは、ディズニーネタを語り次のステージに備える。
七変化その5、ディズニー。このセクションだけ撮影可能で、そのディズニーをイメージした肩出しワンピで登場。もちろん、異世界に突入した雰囲気を堪能して。途中で、お手伝いさん等の共演でのミュージカル風寸劇で笑いを誘うのであった。
MCタイム。展開の目まぐるしさに、テンパりまくっていた。後ろのバーカウンターの「スナック和季」を紹介すると、主役が懐メロをカラオケで歌い手拍子を響かせ、共演者とのデュエットで酔いしれる。
七変化その6、居酒屋での懐メロセクション。大人の色を出して、黒ドレスで登場。季節外れながら最初の曲に、すっかり聞き入るのであった。あいたんが呼ばれて、あの有名な曲をダンスしながら歌い、手拍子ノリノリでウケたウケた。最後は激しさ満点な曲で、手拍子が飛び交い掛け声ガンガンでヒートアップ。
MCタイム。主役との初顔合わせを語り、当時15歳で高1だった主役の事やアニソンウンドウの活動も語る。
七変化その7、アニソンウンドウのセクション。まずは、オリジナル曲をデュエットで歌い、手拍子を鳴らして陽気に。次の曲は、ヒーロー物の主題歌で手拍子に掛け声と白熱する。ソロになって、一転してゆったりした曲を歌い、場が静まり返る。さあ、明るいアニソンでメリゴーして大はしゃぎ。主役が「ラブライブ!」の曲を多く歌っているので、次はその内の知名度高い1曲を歌い、手振りに掛け声合わせて追って手拍子と大賑わい。お手伝いさんの2人も加わり、古風アニソンを歌うと手拍子高らかに晴れやかとなった。ここで、サプライズバースデー祝いが行われ、撮影タイムを経て、最後は希望溢れる曲で、手拍子高らかに終わりを惜しまんとばかりに熱く盛り上がり、3時間20分のライブは終演となった。
かなり遅くなったため、この後は物販・交流タイム。かなり後になって話したし、あいたんにも会えたよ。こうして、新宿を後にしたのであった。