春のラジ館まつり2012・1日目

ついに、遊び人にとって待望の週末がやってきた。そう、春のラジ館まつり2012の開催日なのである。会場は、秋葉原メインストリートの交差点の一角にある、ベルサール秋葉原。
僕は10時頃に着いたが、この時点でこの行列(写真上)。時間がたつごとに行列はどんどん長くなる一方。このイベントを待ち構えていた強者どもがいかに多いかである。
このラジ館まつりだが、同時にラジオ会館カレーまつりも行われており、カレー店やメイド喫茶などが出店してカレーを提供している。以前にも言ったが、前売券にはミニサイズカレーが3種類食べることのできる券が付いている。
が、開始時刻の11時になっても入場開始にならない。一体どうしたことか。結局、入場が始まったのは10分遅れであった。で、僕を含めて前売券を買っている場合は特典としてワンフェス会場での抽選券がもらえるのである。

さあ、入場したら即カレーを注文。まずは、けい・ぐらんで指定のメイドカフェぴなふぉあ。ぴなはドライカレーを魔法付きで提供している。ちなみに、カレー店担当は、まどかさん、まなかさん、めろさん、綾音(あやね)さん。なぜか、トップでオーダーすることになった。でも、頼んだあとは早速ステージに行かなくてはならない。なんと、ぴなメイドのまゆみさんが司会進行役をつとめているではないか。オープニングが終われば、いよいよ待望のめろでぃー・リアンのライブである(写真中)。
今回の出演は5人。ちぃさん、おんぷさん、みるくさん、まこぷりさん、あいさん。初顔合わせはメンバーになりたての、あいさん1人だけ。あとは3週間前のライブ以来である。最初は、奇をてらってなのか「4season太陽」からであった。今日の曇った天気を吹き飛ばすかのように会場は晴れの雰囲気に包まれた。このあとはメンバー紹介があり、すぐに「カラフルカラー」で盛り上がった。会場のヲタ客の振り付けも見事に決まっていたようである。あれ、めろリアだったらあれを歌わないと… と心配していたが、その心配は無用であった。告知のあとには、ちゃんと「恋のバミリオン」で締めくくった。こうでないとめろリアではない。良かった良かった。めろリアのみなさ~ん、まつりのスタートに相応しいライブをありがとう!!

一方、僕だがミニサイズカレーは、ぴな以外に、淡路島カレー、シディークをオーダーした。淡路島カレーは大人気で30分は待った。やっと手にしたが、それでも列が全く絶えなかった。それもそのはず、使っている玉ねぎは最高峰の淡路島産。食べたらカレーの辛さと玉ねぎの甘さが見事にマッチしていて美味と言うだけは足りないほど。長蛇の列になるのも分かる。シディークはナンと2種類のカレーで、緑色のカレーは僕好みの味、黄色いカレーはややクセのある独特の風味であった。もちろん、これだけで足りるはずがない。レギュラーサイズのカレー(写真下)を頼む。もちろん、前述のぴなのドライカレー。レギュラーサイズは650円(全店共通)。
このあとは、ワンフェス会場に行き、抽選と投票を行った。抽選結果は予想通りであった。スタッフのみなさん、お疲れ様です。夕方からは花小金井に行かなくてはならないため、昼下がりに秋葉原をあとにした遊び人であった。