すずも あゆみ バンドワンマンライブ・すずもりの音 Vol.3 ~音のアーチがエントランス~

横浜O-SITEクリスマスイブの日曜日は、昼からライブがある。場所は、なんと横浜。​ということで、朝から眠い目をこすって都営バスで渋谷、東急東横線で横浜に向かい、会場の「横浜O-SITE」(写真上)へ。
実は、ここは2度目である。と言っても、初めての時は「相鉄本多劇場」であった。あれから、劇場が閉鎖されて「Shibuya-O Group」の横浜の拠点となったのである。
定刻の11時30分に開場。長蛇の列という中で、整列順で受付が行われる。で、ドリンクコーナーは通路を挟んで別の場所であるため、飲みながら待機という訳にはいかない。しばらく待機して、定刻の12時に開演。

すずもりの音 Vol.3 ~音のアーチがエントランス~ お祝いツリー主役のすずも あゆみさん、パーカッションのセツトワさん、ギターの中畑 丈治さん、ベースの川田 達也さんの4人で行われる。
演奏が始まると共に主役が歌い、しっとりしたムードで聞き入る。紹介した後に「普段の中」という、クリスマスの喧騒とは無縁の「すずもの森」という時間を贈るという。最初の数曲は静まり返るが、次第に賑やかな曲を歌うと手拍子が響き渡る。語りを入れて、ピアノ弾き語りとヴォーカルを織り交ぜて、静寂が漂ったり手拍子に手振りと行ったり来たりな時間が過ぎていく。その中には新曲も含まれており、手拍子を鳴らして手振りもやって、盛り上がるのであった。ピアノ弾き語りでゆったりすると、気分が良過ぎて意識が不明になったりもした。そういううちに、約90分間のライブが終わったのである。
と、手拍子が止まらない。アンコールだね。実は、2日後が主役のバースデーであるため、ここでお祝い。アンコールで歌う曲は、ある方へ向けての歌で、赤と緑のサイリウムが乱舞して掛け声を合わせて。最後は、おなじみの曲で手拍子に手振り賑やかな中で、終演となった。
物販・交流タイム。物販コーナーと主役と話す場所は別で行われ、久々の再会に嬉しかった僕であった。そして、横浜を後にして都内に戻ったのである。