食べ放題は寿司もある

食べ放題が大好きな遊び人。その勢いはとどまることを知らない。そして、これは無いだろうと思われた寿司にも食べ放題があったのである。
なぜ、寿司の食べ放題は見かけないか。そもそも低価格で提供する寿司は薄利多売であり、採算割れを起こす危険性が高いため、たいていの店は「1皿xxx円」というスタイルをとる。同じ理由で、カード決済が無いのである(カード手数料で採算が合わなくなる)。
さて、話を戻そう。場所は東京上野、「すし食べ放題・寿司倶楽部」(写真)。なんと、1050円・時間無制限で寿司が食べ放題なのだ。お茶・水はセルフで、ガリはサービスだが、ドリンクやアルコールは別料金なので注意を。
ここのシステムは、以下のようになっている。

1.オーダーは、テーブルに備え付けの「オーダー表」に食べたいネタの貫数を記入して渡す。巻物は本単位で4~6個で1貫分。ただし、合計最大15貫まで。また、品切れのネタもあるので厨房側のボードを確認すること。
2.追加のオーダーは、全て食べ終わってから行う。
3.食べ残しは厳禁。残すと、残った分に対して別料金がかかる。特に作る手間のかかる細巻きや軍艦は高め。

まずは、様子見で12貫頼む。待つこと5~6分で来た。回転寿司に比べれば、やや小ぶりと言ったところか。ネタも手抜き一切無し、間違いのない味。ドンドン食べていき、細巻きを含めて追加12貫。先に細巻きが来た(前述のように4~6個で来てびっくりした)。そして、残りも到着。まだまだいけると、今度は手巻きも追加。こんな調子で45分経過したところで満腹。にぎり・軍艦31貫、細巻き10個(2種類)、手巻き4個を腹に収めた。いくら時間無制限でも、1時間も滞在はできない。大満足で、おあいそ。