父と母に捧げる詩

銀座ミーヤカフェ雨が降る中での祝前日の夜、仕事を終えて徒歩で東京駅近辺を経て途中で夕食とって、会場の「銀座ミーヤカフェ」(写真上)へ。着いた時は18時だったので、まだリハーサル中であり、時折出演者の外出もあって、予約を入れたmocaさんにも会った。並んで待って、5分遅れの18時35分に開場となり、受付してから最前列の席について待機。定刻の19時に開演。
MAYUMIさん。ギター弾き語り。最初の2曲は強めに弾いて、突き抜ける歌声で場内を響かせる。紹介してから、ライブは久々で今日初めて物販を行うと語る。続いては、ピンクをイメージした、柔らかい雰囲気でゆったり歌った。トークで、曲作りが好きであるという。さて、テーマに沿った曲で自ら感動しかかる。トークで暗めの曲が多い中で、明るい曲を作った時の事を語る。この後は、弾き語りを始めた頃の曲を歌う。最後は、定番的に歌う曲で静かに次につなげる。
橋本 サキさん。ギター弾き語り。1曲演奏してから紹介する。この後は、1stシングルリリースの時の曲を歌う。さらに、しっとりした曲が続き意識が飛んでいた。さあ、テンション高めの曲で歌声を響かせる。告知してから、最後は観客の手拍子響き渡る中で、ハイテンションな曲を歌う。ちなみに、物販時に以前に東新宿で会っていたことを思い出した。

父と母に捧げる詩mocaさん。ピアノ弾き語り。紹介してから、最初は爽やかな雰囲気の曲を歌う。次は、元気が出る曲をオケ有りで歌い調子付く。続いては、横浜をイメージした大人めのワルツをオケ有りで歌い、夜のムードを醸し出す。トークで、このライブのテーマを語る。ここで「いい夫婦の日」にちなみ、カバー曲を歌い、しんみりとする。今度は久々に歌うオリジナル曲で、やや明るさを戻した。ピアノを離れて前に出て、告知してから最後は、明るくポップな曲を手拍子響かせながら、晴れやかに盛り上がる。
伊藤 さくらさん。ギター弾き語り。ピアノサポートの山本 佳祐さんとの共演。いきなりハイテンションな曲で始まり、手拍子が飛び交う。ギターを下ろして紹介すると、限定の冬のCDの告知を行い、次は一転して静かな冬の曲で、しんみりする。今度は明るい冬の曲で、手拍子を響かせながら晴れやかに暖かくなる。トークで、テーマに沿った事を語る。そして、家族がライブに来た時の話から、家族の事を書いた曲を歌い場が静まり返る。PVの事を語り、ギターを持って激しめの感情がある曲を歌う。またギターを下ろして、横浜や川崎を中心に活動中と語る。来月と来年6月のライブを中心に告知をして、最後は手拍子響き渡らせて、明るい曲で華やかに締めくくり。
と思ったら、手拍子が止まらない。アンコールだね。さて、ライブで最後に歌うという、聞き覚えある曲で明日につなげて終演となった。
終演後は、物販・交流タイム。mocaさんに会うと、Neontetraのライブに顔を出すが、明日は行けないという。ちょっと残念。さあ、明日は赤坂でNeontetraのワンマンライブがあるぞ。