佐々木 かの バースデーパーティーライブ

飯田橋サウンドボンズ王子での演劇鑑賞が終わって、東京さくらトラムで早稲田、都営バスで大曲に向かい、会場の「飯田橋サウンドボンズ」(写真上)へ。着いたら18時前で、まだリハーサル中であった。今回は、ミニワンマンライブと交流会であった。18時30分に開場となって、限られたスペースの中で待つことに。
定刻の19時に始まり、主役の佐々木 かのさんがピアノ弾き語りでバースデー祝いにちなんで歌い、手拍子を響かせる。注意事項アナウンスをしてから、原点回帰で初期の曲を歌うと静まり返る。ここで新曲を披露、説明してから歌い始めて、懐古の想いを漂わせる。ソロコーナーは、ここまで。続いては、曲作りコーナーに入る。かつてラジオ番組に出演した際に、作成した曲をメドレーで歌う。「のんびり」をテーマにエピソード募集して、作った曲をいくつか歌う。そこで、観客に多数決をとるが意外に難しい。本人曰く、メモとレコーダーを使って曲作りをするという。そんな中、観客から案が出るが果たして。

かの&マリーのコーナー続いては、サポートギター兼コーラスのマリーさんとの共演。マリーさんとのつながりを語ってから、ギター演奏だけでヴォーカルとして歌う。次はブルースを歌い、手拍子が飛び交う。さあ、雰囲気一転して、ほんわかを前に出した曲を弾き語りで歌う。今後の事を語ってから、また原点回帰でアイドル時代の曲を歌い、手拍子鳴らして、追って掛け声も加わり盛り上がる。ラジオ番組から制作された曲を歌い、明るさ振りまきムード上々。今度は、昨年のワンマンライブでリリースした曲を歌い、しんみりする。最後は、あの埼玉県深谷市の曲を歌い、手拍子が響き渡る中で終わるのであった。
なわけ、無いでしょ。アンコールだよ。あの、ハイテンションな曲で手拍子響かせて、締めくくり。告知してから撮影タイムを経て、物販・交流タイムのち飲み会。ただ、会場の時間制約上で30分程しか確保できない。こうして終了となって、飯田橋を後にした。