Diva Mania Records Presents 女祭り Vol.2

四谷アウトブレイク先月から始まった「Diva Mania Records Presents 女祭り」が、今月も行われた。
仕事を終えると、東京メトロ半蔵門線で九段下、都営新宿線で曙橋を経て、夕食をとってから会場の「四谷アウトブレイク」(写真上)へ。少し早めの到着で、定刻の18時に開場となった。受付をして入り、少しすると出演者たちが顔を出しては交流する。今回は、ハロウィンを前面に出すというが。しばらくして、定刻の18時30分に開演。
開会の挨拶、DMR代表のMannieさんが登場。ライブの案内、注意事項アナウンスを手短に済ませ、直前までシークレットのオープニングアクトにつなげる。
オープニングアクト。今回は、紫音さんとNolicoさん。「新宿エロス」と称して色仕掛の和服ペアで歌い、妖しげな雰囲気を醸し出しながら観客は手拍子を鳴らす。
紫音さん。オープニングアクトから引き続き、化狐仮面を付けての登場。静かに始まり、哀愁漂う曲で和の色を振りまきながら紫ライトに囲まれ手拍子を響かせて、途中から仮面を取って掛け声を出して勢い付く。次の曲も、和にハイテンションに掛け声を出して気分良く。紹介してから、一転してポップな曲で突き抜けるような歌声を響かせながらも場が静まり返る。トークで欲しかったCDが売切で悲しくなった、からの予約が大事なことと告知を行う。次の曲は、手拍子で始まりハイテンポに歌い、追って掛け声を出して盛り上がりに加速を付ける。最後は、前回も歌った和風のハイテンポな曲で、手拍子に掛け声に観客まで巻き込んでのメリゴーまで飛び出す。
MCタイム。MCは、入瀬 水紀さん。オープニングアクトから出番までのセットリストについて語る。さらに、今月のライブ告知も忘れずに。
Nolicoさん。猫で登場。という事で、それにちなんだアニソンから始まり、手拍子を響かせて気分良く。紹介した後に次の曲も、猫のアニソンで明るい雰囲気に包まれ、追って手拍子も加わる。トークで、初物販をアナウンス。続いては、猫でまったりした曲を歌い場がしんみりする。今度は、映画の主題歌になった猫の曲を歌い手拍子が軽く響く。一時引いて、最後の曲のために衣装替え。そう、前回に歌った和の曲が流れ、肩出し着物で登場すると、祭りムードで手拍子を響かせ大はしゃぎとなった。
MCタイム。MCは、Etowa’l。来月に行われる、アイドル風のライブの告知などを行う。まだ余裕があるので、Mannieさんが登場しての時間調整トークは、今回のライブの楽しみ方について。

Diva Mania Records Presents 女祭り Vol.2入瀬 水紀さん。シスターで登場。ポップな曲から始まり、手拍子を響かせて手振りで晴れやかに。次の曲はハイテンションに歌い、掛け声に手拍子とイメージに合わず白熱する。紹介して、熱さにおののいた様子。で、今回の服装について語る。続いては、パワー溢れる懐かしのポップで場が静まり返る。最後の曲は手拍子で始まり、ハードにガンガン突き進むのであった。
MCタイム。MCは、Nolicoさん。緊張バクバクだった事と、悪いもの払いのハズがグダグダな展開になったそうで、そこから何故かライブ全体の話に流れる。
Etowa’l。揃いのダルメシアンワンピで登場。ダンスしながら歌い始めると、手拍子を鳴らして派手に盛り上がる。続いては椅子を出して座り、ソロで活動した時に制作したオリジナル曲で、しんみり歌い場が静まり返る。紹介の後で告知してから、次の曲はユニットを組んで初制作のオリジナル曲を、明るく手拍子を響かせながら。最後の曲は、切ないながらも明るさそのままに、手拍子鳴らして手振りしてトリにつなげる。
MCタイム。MCは、紫音さん。歌った曲やライブ告知と盛りだくさん。さらに、ツイキャス配信について語る。
Mannieさん。サポートバンド3人と共演。肩出し黒ミニワンピに赤黒マントで登場。前回はカバー曲メインだったが、今回は全てオリジナル曲。ロックに始まり、突き抜ける歌声で響き渡る。次は暗めのハードな曲で、重苦しい雰囲気が漂う中で、やや高めの歌声が響く。紹介して、血流しナイフの告知をするが、××(←言うと問題になるので…)の事で集中できず。また、制作曲についても語る。マントを脱ぎ、次は「哀」というに相応しく悲哀を訴えかける曲で、周りにズシリと響かせる。さあ、ポップな曲でテンポ良く、追って手拍子も加わり調子良く。ここで、マントを裏返し赤を表に。内容過激な告知をしてから、バンドメンバー紹介して、最後の曲は血祭りという事で、ハロウィンに合わせた曲でハイテンションに恐怖を漂わせ盛り上がるのであった。
閉会の挨拶。出演者全員が出演順で登場して、御礼を述べて終演となった。
物販・交流タイム。カードのスタンプ押印とアンケート回収と同時に、出演者との楽しい時間がやって来た。そして、ギリギリまで滞在して四谷を後にしたのであった。