第80回「アニソンやっちゃって!」

江古田ドロシー仕事の事情で飯田橋から向かうことになったこの日、都営バスで江戸川橋乗換で江古田二又に向かい、軽く夕食をとってから会場の「江古田ドロシー」(写真上)へ。いつものように受付には、はるるんの出迎えがある。そして、定刻の18時30分に開場となって受付を済ませると、ドリンクはミネラルウォーターにして、いつもの位置で待機する。そして、定刻の18時45分に開演。さて、今回はハロウィンにちなんだコスチュームで歌うと聞くが。
神崎 由衣さん。この時期と言えば、いつも通りにミニナースで登場。時々歌う曲から始まると、ピンクライトを揺らして静まった後に追って手拍子、途中でアメ配りに回る。次は、いつもの定番曲で掛け声に手拍子と盛り上がる。トークを軽く済ませて、今度はデカアメを出して、たまに歌う曲で掛け声を高らかに手拍子も加えて加速する。トークと告知を済ませると、最後は冬向けのアニソンで、久々に出たの出血(←大げさ)大サービス。
来栖 桜愛(くるす るうな)さん。7月から事務所所属に伴い、「かんぶりーな」から改名。いきなり、ヲタの定番掛け声で始まる曲で手拍子を響かせる。紹介してから、次もハイテンションに歌いヲタの定番掛け声に手拍子に、わたたコールに来栖コールが飛び交う。セットリスト失念でありながら、次の曲も加速しながら手拍子掛け声響かせるが、ついに歌詞が飛んだ。トークで内々ネタをこぼして、最後は他の出演者と被ったアニソンで大はしゃぎ。
羽藤 萌結さん。元々暗めの服装が合うので、ハロウィン向けと言いながら普段の感じがした。登場するなり、菓子配りから始める。やや大人めの曲から始まり、緑ライトを揺らして手拍子が飛び交う。夜を強調するような暗めの曲で、突き抜ける歌声に手拍子を響かせる。紹介してから、懐かしの魔女のアニソンを歌い、手拍子を鳴らして賑やかに。最後は知名度高めのアニソンで、ライトを赤に変えて揺らして、賑やかなままに締めくくり。

第80回「アニソンやっちゃって!」寿々木 はるかさん。ハロウィン向けに、出迎えから毎度の赤黒コスそのままに、ハイテンションな曲から始まり、赤ライトを揺らして手拍子を鳴らして。次の曲は色仕掛して歌い、小刻みな手拍子を賑やかに掛け声も陽気に、はるるんコールも飛び交う。紹介して、ここからは和風の暗めの曲を続ける。なので、雰囲気に合わせて羽織を着て歌い、静まるが追って手拍子が響き、掛け声を煽って突っ走る。最後は、定番和風アニソンで、掛け声に手拍子と、はるるんコール、後ろに容赦なく煽ってぶっ放す。
ねみさん。ノーマルな服装ながら、有刺鉄線バットを持って登場。可愛い曲から始まると、ピンクライトを揺らして手拍子が飛び交い、女神様がピコハンを振り回す。次は明るめの曲を歌い、手拍子を響かせて追って掛け声も晴れやかに、さらにホイッスルを鳴らして体操までさせる。一転して、やや暗めの曲を歌い、少しして手拍子を響かせて、時々掛け声上げて緩やかに。さあ、ハイテンポなタオル回しの曲で、ブンブン回して過激に疾走する。最後の曲は、また可愛さ満開で歌い、手拍子を華やかに響かせて、ねみちゃんコールも。
優奈さん。最初の曲から、場内に突き抜ける歌声を歌い、青ライトを揺らして手拍子を鳴らして気分良く。紹介して次は、やや重めの曲を歌い、掛け声に手拍子と盛り上がる。続いても暗めの雰囲気の曲を歌い、手拍子と掛け声が飛び交う。最後は哀愁漂う曲を歌い、手拍子を鳴らして夜の雰囲気を醸し出して、歌詞ミスがありながらも何とかしてトリにつなげる。
大神 愛璃さん。夏に戻ったかのようなオリジナルTシャツを着た、熱さ全開の服装で登場。明るめの曲から歌い始めると、紫ライトを振ってヲタの定番掛け声に手拍子、時に手振りと気分上々。紹介して、歌う前に掛け声のレクチャー。次の曲は、明るめの曲で掛け声を出し合い、時々手拍子を加えて陽気に盛り上がる。告知してから、加速する曲でガンガン飛ばしにかかり、手拍子に手振りと気合が入り、りんりん*コールも響き渡る。最後は、晴れやかさいっぱいの曲で、掛け声に手拍子と終わりを惜しまんとばかりに振り絞って、終演となった。
物販・交流タイム。いつものように、チェキをオーダーしては撮影しながら交流する、という具合に時間が流れる。ただ、今回は色の濃い服が多く、撮影するのに苦労した。何とか上手く撮れたけどね。そして、時間いっぱいまで滞在して帰宅したのであった。