ふわ(o・v・o)ライブ 消えていくうさぎを呼び止めてももうエメンタールチーズに見えてくる

HEAVEN青山シルバーウィークの初日、小雨の夕方に都営バスと都営地下鉄大江戸線で青山一丁目に向かい、徒歩で会場の「HEAVEN青山」(写真上)へ。早くも、観客の行列ができている。定刻の17時30分に開場となって、受付を済ませて客席に行くと前列は既に埋まっており、後列に座って待機して18時に開演。
mocaさん(写真下)。蒸し暑いということもあってか、涼しげな服装で登場。あいさつしてから、来場者への感謝の気持ちを込めた曲から始まる。続いて、ヘアカットした時の曲を歌い、オケの音が響き渡る。次に歌う曲の話をしてから、前向きになれる曲を歌う。ここで、ピアノを離れてヴォーカルでカバーを1曲歌い、さらに静寂が覆い尽くす。再びピアノ弾き語りに戻り、ここは初めての場所と語り、大人目のシックな曲を歌う。告知してから、最後は明るめの曲で手拍子を響かせながら締めくくり。

ふわ(o・v・o)ライブ 消えていくうさぎを呼び止めてももうエメンタールチーズに見えてくる森 綾加さん。神奈川県相模原市出身のギター弾き語り。あいさつすると、自己紹介曲から始まり手拍子を響かせる。紹介して、次は一転して強めの曲を歌い場が静まる。続いてもパワー溢れる曲で、突き抜けるような歌声が響き渡る。さあ、ギターを下ろしてヴォーカルでアニソン制作している方の曲を歌い、陽気に手拍子も飛び交う。再びギターを持って、頑張り過ぎている人が多いという事情から、その方に向けた曲を歌い静まり返る。告知してから、最後はネット配信されている曲で手拍子を鳴り響かせながら締めくくり。
はた ゆりこさん。唯一のヴォーカルのみでの出演で、サポートピアノとの共演。紹介してから、夜の雰囲気を醸し出すオリジナル曲を歌い、いい気分になる。トークで、森 綾加さんと服装が危うく被るところだったと語ると、今日の荒れ気味な天気にちなんだカバー曲を歌い、しっとりな雰囲気が漂う。次は夏のオリジナル曲について話し、サポートピアノの紹介をしてから歌い手拍子を響かせる。ここで秋のカバー曲を歌い、気分爽快に。告知してから、デビュー時のオリジナル曲を歌い、柔らかな雰囲気に包まれる。最後は、初アルバム収録曲を歌い、手拍子高らかに響かせる。

mocaさん伊藤 さくらさん。ギター弾き語り。オケを交えて最初からパワー溢れる新曲を歌い、突き抜ける歌声を場内に放つ。ギターを下ろして紹介してから、秋が嫌いで訪れるとやさぐれると語る。次は、ヴォーカルでハイテンションな曲を手拍子高らかに。普段はサポート共演なのだが、今回はソロということで、ギターを持ってアップテンポなカバー曲を歌い、また手拍子を響かせる。告知してから、昨年発売したアルバムの収録曲について語り、その曲をヴォーカルで歌い場が静まり返る。ギターを持って他の告知をてんこ盛りにしてから、最後はアルバム収録曲から応援する曲で、テンション上げて締めくくり。
南 紗椰さん。兵庫県三木市出身のピアノ弾き語り。BGMを流しながら登場。最初は、ハイテンションな曲で手拍子を響かせて、追って掛け声もこだまさせる。紹介で、関西拠点での活動後に上京して、今に至っているという。路上ライブについて語り、その時の雰囲気から制作した曲を歌い、サビのところで手拍子が鳴り響く。次は夏の曲について語ってから歌い、また手拍子が歯切れよく。二度の震災体験について語り、久々に歌う曲で場が静まり返る。ふわ(o・v・o)ライブは久々の出演という。告知してから、最後はこれからに向けての明るい曲で、手拍子を響かせて締めくくり。
あれ、手拍子が止まらないよ。アンコールだね。和と楽しむをテーマにした曲で、手拍子に囲まれタオル回しも飛び出し、約3時間40分のライブは終演となった。
物販・交流タイム。予約を入れた、mocaさんのコーナーに行くのだが予想以上の長蛇の列。その一方で、早くもはけて呼び込みをする出演者とハッキリ二分してしまった様子である。こうして、そろそろ撤収という時に帰宅したのであった。