刑部 飛鳥 バースデーワンマンライブ ~森の本屋は夢時間~

銀座 Miiya Café天気が不安定な中で始まった3連休、山の日の今日は都営バスと都営三田線で日比谷に向かい、軽く食事をとってから会場の「銀座 Miiya Café」(写真上)へ。
18時30分開場なので、既に開いている。受付を済ませて、前の席を確保する。今回は、かなり久々に「ぎょうちゃん」こと、刑部 飛鳥さん(写真下)に会うために、バースデーワンマンライブという大事な時に行ったのであった。5分遅れの19時5分開演。
まずは主役のみ登場して、ヴォーカルでアイドル時代を思わせるダンスパフォーマンスで、観客の手拍子高らかに盛り上がる。紹介するとピアノ弾き語りの準備して、サポートの2人が登場。ベースの栗山 健二さんとカホン・パーカッションの河野 瞬さん。今日の事を語り、残念少女と称して次の曲を歌い始めると、また手拍子を響かせる。

バースデー祝いここで、ゲストの近田 心平さんがギターを持って登場。主役がゲストとのつながりを語った後に、静かな曲を2人で歌う。ここで、観客にタオルを出させて、テンション高めの曲で手拍子にタオル回しと賑やかになる。続いては、2人の出会いの曲で場が静まりつつも手振りを加え、カバー曲を歌うと手拍子を軽やかに。次は、近田 心平さんだけが残ってトークを繰り広げ、サポートの2人が登場すると、ギター弾き語りで手拍子が飛び交う。
さあ、全員引いて、衣装替えした主役が登場して、ここからはサブタイトルに基づいて、朗読とピアノ弾き語りを繰り返す。最初はソロで1曲歌い、次はサポート2人を加えて歌い始めると手拍子を響かせる。それから、雰囲気一転して語ったのちに歌い、手拍子に囲まれる。さらに、明るめの曲を歌うと静まる。最後は、ハイテンションな曲で手拍子軽やかに明るく、て言ったら風船割れハプニング。今日の為に新しいCDを持って来た事を語り、サポートの告知もコント風にやって笑いを取る。最後の曲は、しみじみした雰囲気で今後につなげた。改めて紹介して全員引いたのであった。

刑部 飛鳥さんこれで終わらないのよ。観客の手拍子が止まらない。アンコールだよ。
手間取りながらも、また衣装替えをしてから、バースデーサプライズで、バースデーケーキ2つ(メンバーからとライブハウスから)も出たよ(写真中)。御礼を言いながら、嬉し泣きするのであった。さあ、陽気な曲を歌い手拍子響かせ気分良く。撮影タイムで賑やかに。
またアンコールで、ダンスパフォーマンスしてから引いて、スクリーンが下がり動画が流れて約2時間のライブは終演となった。
物販・交流タイム。やはり、行列ができる。ようやく自分の番になり、ぎょうちゃんと話せたよ。嬉しかった。そんな思いで、銀座を後にしたのであった。