女神達が舞い降りる夜に~ Vol.26

池袋FI5VE8月に入り、最初の休前日は仕事帰り、一旦帰宅してから、都営バスで東京音楽大学前に向かい、会場の「池袋FI5VE」(写真上)へ。小規模な飲食店、という感じの場所であるが、奥にステージがあるのでライブハウスとしても使える。18時30分開場なので、受付は始まっている。受付は、翔美(しょうみ)さんが担当していた。定刻の19時開演。MCは翔美さん(写真下・右)。
eri*さん(写真下・中央)。大分県出身。いきなりハイテンションに始まり、次は手拍子をリクエストして軽やかに歌い、手振りも気分良く。トークで、明日の天気の事を言う。今回は参加型で行くということで、次は色香な2曲を連続で歌いムードアップ。トークで制作した曲を語ってから、次は夏にちなみ花火が合うカバー曲を歌い、さらに南国の曲でやや賑わう。カミカミのトークで告知して、また南国のカバー曲を歌い、最後は励ましの曲で締めくくった。

女神達が舞い降りる夜に~ Vol.26 出演者翔美さん。音頭で始まる異様な展開。次は、明るめの曲で手拍子と掛け声が飛び交う。さらにハイテンポな曲で、手拍子に翔美コールが飛ぶ。紹介すると、スマイルな2曲を連続で歌い、陽気な雰囲気に包まれて気分もアゲアゲであった。ここで、一転してまったりした曲で場が静まる。さあ、ギター弾き語りで歌い、弦の音と歌声が響き渡る。再びヴォーカルに戻り、次のライブで会える事を願った曲で晴れやかに、告知してから最後は最初に歌った音頭をフルで歌う。
予約を入れた、mocaさん(写真下・左)。ヴォーカルで始まり、手拍子をリクエストして久々に聞く曲に暑さが吹き飛んだ。ピアノ弾き語りで、自己紹介曲をアレンジして歌う。次は、ややしんみりに明るい曲をオケ有りで、アップテンポなワルツでピアノの音を響かせる。トークで昨日の事でヘアスタイルを語り、それにちなんだ曲をオケ有りで歌い、次に会える事を願っての曲でピアノの音と歌声を響かせる。ここで、ヴォーカルに戻り、最後はハイテンションに手拍子響かせ最高潮にしめくくり。
と、手拍子が止まらない。ピアノ弾き語りでカバー曲を歌い静まり、夜更けの雰囲気を醸し出して終演となった。
さあ、物販・交流タイムである。大抵が、予約を入れたシンガーのところに固まっていた。そして、22時に出演者の御礼と同時にクロージング。