藤田 恵名 ワンマンライブ 「あとはねるだけ」

渋谷WOMB七夕の休前日、この日が来るのをどれだけ待っていたか。「エナメル」こと、藤田 恵名さんのバースデーワンマンライブに、昨年に続いて今年も遊び人は駆け付けた。さらに、この日はエナメルのバースデー当日なのだ。
仕事を終えると、東京メトロ半蔵門線で渋谷に直行。夕食を済ませると、会場である「渋谷WOMB」(写真)へ。外からは分からないが、中に入ると結構並んでいる。18時開場で受付すると、前物販で冊子とタオルをゲットする。いつもは使えるライブハウスのフリーWi-Fiも、今回はLINE LIVE配信による帯域確保の為、使用不可である。会場内がギッシリ詰まってきたところで、19時となって開演。
ついに、ここまでやるか、とばかりに主役のエナメルが白ビキニで登場!! そして、ギターの田渕 ガー子さん、ベースの小林 健二郎さん、ドラムの柴田 航さんも登場。最初の曲から、ピンクライト乱舞で掛け声高らかに。次の曲で、手拍子も響かせ盛り上がる。紹介しながらMCを行うと、続いては一転して、しっとりした曲で場が静まる。主役がギターを下ろし、ヴォーカルとして歌うと手拍子が沸き起こる。と、歌っている途中で、ヒモ落ちのアクシデント発生。それでも何とか切り抜けたが。再びギターをかけて、軽く手拍子のち掛け声ライト乱舞。で、MCでネタ提供できたと豪語。今回のライブはヴォーカル曲が多くて、露出度が高いために空腹を堪えて痩我慢しているそうな。物販の告知も行い、来月リリースのメジャーデビューアルバム「強めの心臓」もPRしたよ。もちろん、映画・主題歌についても。この後の曲は、ライトを青に変えて雰囲気変える。ここで曲を明るく、ライトをピンクに戻して手拍子を飛び交わせる。新曲を披露して、ハイテンポで早口で語る曲で気分良くスカッと歌う。トークで、入れたくても入れられない曲もある事を語る。

ライブ祝い花とパネルまたギターを下ろしてヴォーカルに、ここからはメドレーで歌い手拍子を響かせ、掛け声を轟かせ、大はしゃぎで大驀進。またギターを持って盛り過ぎトークをしながら、ワンマンライブを半年ペースにしたいと語り、年明けの1月27日にも行うという。さて、飛ばしに1曲歌い掛け声を響かせると、パワー溢れる曲でライトを赤に変えて、ゆったりと歌う。上京した時の、進路に悩んで今の路線になった気持ちの曲を歌い、時に絶叫して感傷に浸る。こうして、全員がステージから引いたのであった。
と、観客たちがラララとアンコールすると、主役のみが登場してビキニにちなんだ曲を歌いディスコ調に。この後は、バンドメンバーを呼んで紹介する。白いオリジナルTシャツを着て、出演中のテレビ番組にまつわる曲を、ギター持って歌おうとしたら、チューニングできてないアクシデント。一瞬だけどね。ここで、アンコール用の持ち歌を歌い手拍子響かせる。ライブの御礼を語り、LINE LIVEのカメラにも忘れずに。最後は、あの曲で定形セリフで盛り上がり、ピンクライト乱舞で掛け声も一段と強めて白熱した。こうして、約1時間半のライブは終演となった。
全体撮影タイムで、賑やかに盛り上がった。終演後だが、主役は見送りも出来ずパネルで辛抱である。まあ、トークライブまで待つか。