エクレルシ ブッキングライブ

ライブカフェ エクレルシ7月に入ると、ライブが怒涛のごとく入っている。今回は、シンガーのライブなので静かに座って聞ける。なのだが、場所が都心からやや離れた場所なのだ。JR山手線で新宿、小田急で祖師ヶ谷大蔵に向かい、近くのコンビニで軽く夕食を済ませてから「ライブカフェ エクレルシ」(写真上)へ。
18時30分に開場しており、受付を済ませる。すると、佐々木 かのさん(写真下)と世手子さんに会う。最前列の席を確保して待機して、19時に開演。
石井 智(いしい まさる)さん。ギター弾き語り。軽いノリなスタイルで登場の兄ちゃん、という感じである。夕方にピッタリな曲から始まり、いいムードで響き渡る。普段はカバー曲が多い。で、童謡をウケ狙い。最後は、静かな雰囲気を醸し出して締めくくり。
市川 空(いちかわ そら)さん。大学1年のピアノ弾き語り。インストが中心であり、ビバップ縛りで演奏する。ハイテンポな弾きで魅了して、2曲連続で演奏した後は、ここで歌が入る。ただ、トークに時間を取り過ぎて、短い曲を駆け足で演奏することになったようだ。

佐々木 かのさんDuoMinT(デュオミント)。女性ペアのピアノ連弾。曲目は、事前に配布されたリーフレットに書かれている。ジャンルは幅広い。曲によって、もう1人スペシャルゲストのヴォーカル(Minaさん)を伴う。8曲全てを、見事なまでに華麗に流れるように、時間を忘れさせたひと時であった。
佐々木 かのさん。ピアノ弾き語り。今回は全てオリジナル曲で、ギター・コーラスサポートとの共演。と、ノイズ発生のアクシデント。いきなり元気な曲から、手拍子を響かせる。紹介後に、夏の曲を歌い気分を先行させる。ここで、ピアノを離れてヴォーカルに、ギター演奏を軸にバラードを歌う。ピアノに戻って、陽気に弾き語り。告知後、最後は待望の新曲をしっとりと歌う。
世手子さん。ピアノ弾き語り。今回は、カホンサポートとの共演。いつも通りのジャズピアノで歌声を響かせる。紹介後に、CD収録曲をゆったりと歌う。トークで時事に脆い部分を露呈したが、すぐに曲にかかって突っ走るように弾き語り。さて、ここでしっとりした曲で静まる、時々テンション高まるが。トークで、ボルタリングをしている事を語る。その時の気分つながりで、次はアップテンポな曲を歌う。告知後に最後は、ジャズスタイルで締めくくり、約3時間のライブは終演。
この後は、物販・交流タイム。そこそこに話をしてから、会場を後にしたのであった。