夜のお茶会 Vol.12

日暮里プロモボックス昨年末以来の、おなかいっぱいご飯が食べられるライブが、今夜に行われたのである。ということで、都電荒川線と日暮里舎人ライナーで日暮里に向かい、近くの銭湯で身仕度してから会場の「日暮里プロモボックス」(写真上)へ。少し待って、定刻より5分遅れの18時50分開場。受付を済ませて、主催の神夜 零さんの手料理(写真中)でディナータイムを始める。今回は、和風にしたと言う。そして、定刻の19時開演。
MCの桃海さんが、戯言を放言してヲタ連中からツッコミ攻撃に遭う。さあ、出演者登場(写真下)で紹介が行われるのだが、ここでもMCが集中砲火を浴びることになる。でもって、今回だが出演予定の百華繚乱は、主催の相方で予約を入れていた神崎 由衣さんが急病で出られなくなってしまい、キャンセルとなった。
出演者が減った分の空白を埋めるために、緊急コラボ企画が行われた。まずは、神夜 零さんと、くまいぬこさんのデュエットで始まる。次は神夜 零さんと、←CH∀OS☆DESIЯE→(カオスデザイア)の3人で歌う。さらに、くまいぬこさんと、←CH∀OS☆DESIЯE→の彪音(あやと)さんのデュエットで調子づく。最後は、桃海さんと初出演の蒼月 すずかさんのデュエットでヲタ芸が始動してヒートアップ。

主催の手料理突撃企画が終わると、ここからは各出演者のライブが始まる。
くまいぬこさん。「柚木 侑璃(ゆずうり)」から改名。まずは、男性の曲を歌う。次は同じアニメのアニソンを、2曲連続で歌う。←CH∀OS☆DESIЯE→の柚戯さんが登場して、ボカロの曲をデュエット。ソロになって告知後は、最後に知名度高いアニソンを歌うとヲタ芸が飛び出す。
桃海さん。歌い始めるとヲタが大暴れして、MCとは思えないほどに翻弄されまくる。次は特撮のアニソンをなりきりで歌うが、歌詞飛び頻発でアップアップ。告知後は、来月のライブで歌う予定のアニソンで何とか乗り切った。
←CH∀OS☆DESIЯE→。赤髪の「ゆずきち」こと柚戯さんと青髪の「あやにぃ」こと彪音さんの2人。お互い、コントの調子でドンパチやりながら歌う。次は、「あやにぃ」ソロで歌い、今度は「ゆずきち」ソロで歌う。告知だが「あやにぃ」だけ予定があり、ママの「ゆずきち」は未定状態。最後は、デュエットで全員を前に集めて歌う。

夜のお茶会 Vol.12 開始前の出演者蒼月 すずかさん。神夜 零さんの後輩。ノンストップで4曲歌うと言い、調子良く始めるとヲタが写真撮影に夢中。次は、オリジナル曲で場が静まっていた。一転して盛り上がる曲で賑わいを戻して、最後はハイテンポな曲で熱くなった。
神夜 零さん。面を付けた状態で登場し、和風アニソンから始まるとステージを下りて大乱舞。次も、和風の曲で華麗に舞踊しながら歌う。一転して曲の雰囲気が変わり、また歌いながら舞踊を魅せる。と、突然何かに取り憑かれたかのように、乱れながら歌い命尽きたのであった。
ライブが終わり、全員登場して感想と告知を述べる。さらに、撮影タイムで盛り上がって終演となった。
お食事の追い込みが始まる。持ち帰りもまとまり、終了予定時刻を過ぎて、やっと撤収となった。次回は、百華繚乱を見たいねぇ。