moca バースデイワンマンライブ 「THE HAPPIEST DAY 2017」

川口キャバリーノ昨日のワンマンライブの興奮が冷めないうちに、早くも次のワンマンライブが昼にある。朝のうちから都営バス、JR埼京線、JR京浜東北線と乗り継いで川口に向かい、会場の川口キャバリーノ(写真上)へ。着いたら、期待通りの長蛇の列。定刻の11時30分に開場して、受付を済ませると前のソファー席へ。定刻より5分遅れの12時5分に開演。
第1部。主役のmocaさんが登場して、今回のライブのあいさつをしてから、いきなり自己紹介の曲から弾き語り。そして、早くもサポートが加わる。まずは、フルートの世古 美月さん。実は、川口キャバリーノのスタッフである。定番の2曲を続けて共演すると、なぜか深みが増した感じがしたのだ。ここで、世古 美月さんとの関係を語る。次は、昨日の天気を思わせる曲で、しっとりと歌う。再びソロになり、母の日にちなんで母も音楽活動している事を語る。ただ、お互い歌ってるところは見た事がないという。次はカバー曲を弾き語り。気分一転で、ピアノを離れてヴォーカルで1曲、手拍子響かせる。最後はハイテンションな曲で、また手拍子を響かせノリノリに締めくくった。
ここで、小休止が入る。

moca バースデイワンマンライブ 「THE HAPPIEST DAY 2017」 出演者第2部。昨年に続き今年も10分程の企画、カッパの紙芝居。内容は、昨年の出来事から3年後の話。この後は、ピアノ弾き語り。ここからサポートはベースとカホンの2人、ということで3人体制に。ゆったりした曲で静まって、陽気な曲で手拍子飛び交い、家ネタで笑いを誘い、柔らか目の曲でしっとりとする。ここで、フルートの世古 美月さんが加わり4人体制になってからは、昼なのに夜の雰囲気漂う曲で酔いしれる。次は、昨年のワンマンにまつわる新曲を披露する。最後は、次につなげる事を願って作られた曲。これで締めくくり。
なわけないでしょ。手拍子が止まらない。バースデー祝いサプライズで、ケーキのろうそく消しとクラッカー鳴らし。音楽活動歴8年の、ここまでの流れを語ってから、アンコールは2曲。音楽活動にまつわる曲と、アップテンポの曲で終演となった。
終演後は撮影タイム(写真下)で盛り上がり、物販・交流タイムは言うまでもなく長蛇の列である。ほぼ最後まで滞在して、川口を後にしたのであった。