AYAKA UEHARA ONEMAN LIVE “Fantasmiling! TOTTEMO PINK”

恵比寿aim連休が明けて最初の週末から、いよいよワンマンライブラッシュの幕開けである。
この日は、あいにくの天気という土曜日。都営バスで渋谷駅乗り換えで恵比寿一丁目に向かい、会場の「恵比寿aim」(写真上)へ。18時30分の開場を待つ観客で、長蛇の列となっていた。チケットは購入済みなので、あとはドリンク代を払うだけ。定刻より5分遅れで受付が始まり、前物販でピンクタオルを購入する。最前列は埋められて、あえなく2列目でスタンバイした後に19時開演。
オープニングアクトで、Radiant Dolls。正規メンバーは、ヴォーカルのDahliaさん、ギターのRukaさんの2人。今回は、サポート2人(ベースとドラム)を加えた4人体制。2曲連続でブッ飛ばして、手拍子に掛け声と湿っぽさを飛ばした。メンバー紹介後、まだまだ加速して煽りをかける。告知後、最後は主役につなげる為に最高潮で突っ走った。
準備の為、しばらく休憩が入る。

AYAKA UEHARA ONEMAN LIVE “Fantasmiling! TOTTEMO PINK”19時40分、サポートバンド3人と共に主役の上原 綾華さんが登場。タイトル通りにピンクライトが乱舞して、2曲連続で掛け声の大反響で始まると、次は手拍子響かせタオル回しで盛り上がる。軽くあいさつを済ませ、次も立て続けに2曲連続でハイテンションに手拍子に掛け声と大爆進。メンバー紹介後、ムチャブリモノマネを強行して周辺大困惑。ここで、先月と今月のリリース曲を続けて歌い、曲間で衣装替えをして熱さが高まる。終演後のCD受け取り告知をすると、雰囲気一転して2曲連続で歌うが手拍子は響かせてる。トークで過去の仲間たちの話をして、その本人がギターを持って登場すると次の曲で共演する。ちなみに、この曲が来月にリリースする曲である。さあ、唯一撮影OKの1曲で賑やかになるが、観客たちは撮影に一所懸命な様子、かく言う僕もだが。さあ、残りは3曲だ。能天気な歌いっぷりでハイテンションになって、終わりを惜しまんとばかりに限界まで白熱して盛り上がって華麗に締めくくった。
なわけないでしょ。お約束のアンコールで、綾華コールが飛び交う。さあ、衣装替えした主役とサポートバンド3人が再登場。アンコールは、いつも歌う曲でタオル回しで盛り上がると、ラストは華を咲かせんと歌い見事に終演となった。4人で一言後、手をつないで御礼を述べた後に、全体での撮影タイム。
終演後は、物販・交流タイム。混雑するため、まずはCD受け取りから行う。この後にチェキタイムで楽しむ。外が悪天候でも、中は快晴だ。そして、恵比寿を後にしたのであった。