Girls Vocal Live

Live Garage 秋田犬3連休の最終日という祝日の夕方、都営バスと都営新宿線で岩本町へ行き、会場の「Live Garage 秋田犬」(写真上)に向かった。少し待ち、定刻の18時に開場となって、受付を済ませる。観客が徐々に増えていき、定刻の18時10分に開演となった。
LTK&YUKIHI。このライブでは定番の3人ユニット。1st STAGEは、いきなりMCから始める。アコースティックバージョンと言って、その通りに静かな曲から始まり、観客も静聴の様子であった。夜のムードが漂う雰囲気に合わせた3曲を歌い、次につなげたのであった。
白井 愛子さん。何と、派手なナイト衣装で登場して突き抜けるような歌声で歌い、さらに手拍子をリクエストまで加えた。後の予定上、早めの出演となり、終了すると出なくてはならない。夜にピッタリな曲を歌うと、最近ネットニュースで紹介されていることをトークのネタに。懐かしのカバー曲を歌い、最後はオリジナル曲で華麗に締めくくり。
小鳥遊 あやのさん。いよいよ夜が深まる感じのオリジナル曲を歌い、より一層気分良い雰囲気になる。紹介後、またオリジナル曲を歌うが、今度は陽気に手拍子が加わり手振りも決まる。新曲が間に合わずカバー曲を歌い、再び静まる。最後は、テンション高めのオリジナル曲で手拍子が響く。
朔月(さくつき)。ライブ名に合わない、男性2人。アコースティックでいくので、まずは鉄板というカバー曲を歌う。トークを挟み、続いて夜に合わせたカバー曲をオケ有りで歌う。次は、危うく同じシンガーで被りかけたカバー曲をオケ有りで歌うと、最後はギター演奏のみでカバー曲を歌う。

柳下 綾子さん吉澤 里美さん。このライブでの「そんなことナイナイ」の本家。まずはテンション高く、手拍子高らかに始まる。紹介後、しばらくライブ活動を休止していて久々の出演であることを語る。次は一転して、しっとり感がある曲で静まる。昨日から明日まで、連続でライブがあると告知。最後は毎度の「そんなことナイナイ」をやってから、柔らかめな曲で爽やかに歌い、いい流れに仕立てた。
柳下 綾子さん(写真下)。まずは、歌う頻度が高い曲から、突き抜けるような高い歌声が響く。続いては、やや重さを感じる曲で雰囲気がガラッと変わる。紹介後、定番中の定番、僕の一番気に入りである曲で、手拍子が響き渡る。告知後、最後はタオル回しの曲で手拍子も加わり、陽気に観客も盛り上がる。
海澄 佑華さん。やや太めの歌声で、CD収録曲を歌い場内を響かせる。落ち着きある曲とテンション高めの曲で流れ良く進めると、ここでトークを挟ませ水補給。次は、春にピッタリな曲で暖かなひととき。最後は、アニソンカバーで手拍子が加わり、今までの雰囲気をひっくり返してくれた。
さあ、ここでMVPの発表。再度歌えるのは、以下の2組であった。
海澄 佑華さん。まずはCD収録曲であるが、ライブでは初めて歌う曲。さらに、またアニソンカバーを歌い、次につなげた。
柳下 綾子さん。まずは、ライブでは久々に歌う落ち着きある曲から。そして、手拍子に手を上げてのストレス発散にもって来いの曲で、気分爽快。
締めくくりは再登場の3人、LTK&YUKIHI。2nd STAGEは予定を変えて、ここでもアコースティックで歌うことに。MCを織り交ぜて4曲歌う。こうして、終演となった。
さあ、物販・交流タイムである。もちろん、半年後の9月に控えている、柳下 綾子さんのバースデーワンマンライブのチケットを買ったよ。のべ100人到達のために、まだの方は予定を開けてチケットを買おう。あとは、撮影タイムで盛り上がり、会場を後にしたのであった。