三人娘 presents 「春のひなまちゅりかーにばる♪♪」

こまごめわいわいほーる昼のライブが終わって一旦帰宅すると、今度は都電荒川線で大塚へ、山手線に乗り換えて駒込を経て、徒歩で5分の「こまごめわいわいほーる」(写真上)へ。入口がわかりにくくて、一度通り過ぎてしまった。何とか着いたが。そして、定刻より10分遅れの17時10分に開場。なぜか、母子連れが目立つのだが。しばらくして、定刻の17時30分に開演。
注意事項アナウンスが行われ、和服ドレスの三人娘(あいたん、森川 淳未さん、wak!さん)が登場。アニソンウンドウに出演していた、あの面々だよ。オープニングは3人で歌い、紹介後に「当たり前体操」を始めると、次も体操の歌と「アニソンウンドウ」の路線そのまんま。あと少し歌って、三人娘のオープニングはお開き。
wak!さんだけ残ってアニソン軸に歌い続けると、次はあいたんが加わり「ぴこぐらむ」の2人で、和風アニソンも織り交ぜて歌った。
続いては、あいたんが三人娘オリジナルTシャツに黒パニエに衣装替えして、ダンスパフォーマンスを始めると、次は冬のアニソンをダンス。
さらに、森川 淳未さんが登場して、三人娘オリジナルTシャツに青パニエに衣装替えしてから、アニソンを軸に歌う。実は、ママシンガーの森川 淳未さんの子供の友達が、集まって来ているというそうな。
さて、wak!さんが黄色オリジナルTシャツにオレンジパニエに衣装替えして、3人揃ったところで女の子向けアニソンを歌う。観客スペースの最前列では、女の子がダンスしていた。締めくくりも、女の子向けアニソンを続けて歌う。そして、第1部はお開きとなった。ここで10分休憩。

三人娘 presents 「春のひなまちゅりかーにばる♪♪」第2部は、3人で大人モードにチェンジして黒服にパニエの組み合わせで登場した。中身濃厚で突っ走りヲタを賑わせると、wak!さんが引いて、あいたんと森川 淳未さんのデュエット。さらに、あいたんがマイクを置いてダンスを始め、森川 淳未さんが歌う。続いては、あいたんが引いてwak!さんが登場して、今度はwak!さんと森川 淳未さんのデュエット。こんな具合で、しっとりムードから白熱へと流れを作った。
全員引いて動画を流すが、音が鳴らないアクシデントが発生。何とか回復して上映、内容は「あいたんクッキング」。イミフな料理が出てきたようだが、その中身は「抹茶パスタ」で、見るからに甘ったるそう。抽選の結果は、幸い(?)にして当たらず。
その間に、黒ベースのスーツに衣装替えした三人娘が、歌わなさそうな曲をメドレーで歌う。3人になったりソロになったりと色々な展開を繰り広げ、懐かしの曲のカバーも歌って、第2部は締めくくりとなった。また、10分休憩。
第3部は、おとぎの世界に迷い込んだ、という設定で始まった。あいたん、森川 淳未さん、wak!さんの順で登場して1曲ずつ歌う。あれ、1人歌詞が飛んだぞ。一旦全員引いて、ナレーションが流れてから演劇が始まる。そして、プリンセスドレスで揃った3人で終盤の4曲を歌うと、第3部も締めくくりとなった。
なわけないでしょ。手拍子にアンコールだよ。さあ、動画が流れる。その内容は、練習時の光景やNG集だった。アンコールは、宝物や三人娘の想いを込めて歌う。これで、約3時間50分のライブは終演となった。
さあ、物販・交流タイムだ。ぴこぐらむとの久々の再会、すごく嬉しかったよ。最高の気分のまま、駒込を後にしたのであった。