Helios Night Vol.3 LEN生誕&レコ発

新宿Wild Side Tokyo今日は日曜日であったが、先週分の残っていた仕事を済ませた夕方頃から、都営バスで日清食品前へ。そして、徒歩で会場の新宿Wild Side Tokyo(写真上)に向かう。新宿御苑北側のライブハウスは何ヶ所か行っているが、ここは初めてだ。
今回は特に重要なライブなので、何としてでも行きたかったのだ。16時30分開場で17時開演なので、既に始まっている。18時40分頃に到着して受付を済ませると、場内は満員御礼状態だった。
RIZMICSIAと劇団アンドロジニーは、既に出演済みであった。後で、RIZMICSIAのヴォーカル、Akiさんに会ったよ。
DMi。ヴォーカルのMakiさん、ギターのMayto.さん、ベースのChicoさん、ドラムのハナブサユウさん、そしてサポートの5人体制。会場に入った時には、既に演奏中。トークで物販について話してから、あと2曲は手振りに手拍子と調子良く乗って、最後は掛け声に手拍子で見事に締めくくり。
Luna’ula。ヴォーカルの闇さん、ベースのMicaさん、ギターのあさぴー☆さん、サポートはギターとドラム各1人の5人体制。今回のライブをもって、活動休止となる。まずは、落ち着きある曲から始める。次は、闇さんが声をリクエストして、掛け声に手拍子と明るい雰囲気で演奏して、さらにはヘッドバットもやってくれた。メンバー紹介後、闇さんから重大発表で、前述の活動休止の件を話す。続いて、あさぴー☆さんに話を振るが、あっさりと終わってしまった。続いてタオル回しの曲で、明るく脳天気に乗っていた。さらに、ハイテンポに飛ばして手振りに手拍子にヘッドバットと突っ走る。Micaさんからの告知を済ませると、最後は大きな掛け声と手拍子と共にデビュー曲を演奏する。
NaturalNine(ナチュラルナイン)。メロディアスロックバンド。ヴォーカルのReiさん、ギターのMaikoさん、サポートはベースとドラム各1人の4人体制。なのだが、外で出演済みのLuna’ulaのMicaさんとあさぴー☆さんに会っていた。寒いのに肩出し服でブルブル、風邪ひかないでね。おっと、後で分かったことだがNaturalNineのReiさん、アニソンライブで「夏月 怜(なつき れい)」として出演していたことが判明。

Lend Helios / NO MORE RULESXaos。ヴォーカルのSIZUさん、ギターのtetsuさんとSagaさん、ベースのSatoshiさん、ドラムのAKIさんの5人。まずは、掛け声でガツンと一発、序盤から観客の手振りが見事に決まっていた。トークで、SIZUさんが息切れ。1曲突っ走ると、またトークでLend Heliosに関する内容で盛り上がる。さあ、ここからは飛ばしにかかる。終盤の2曲でハイテンションな曲を続けて演奏。主催につなげた。
Lend Helios。正規メンバーは5人だが、​ドラムのKo-heiさんが療養中のためサポートという体制。最前列が取れなく2列目に陣取り、最初からガンガン突っ走る。ヴォーカルのLENさんの熱唱に、観客の手拍子に掛け声に手振りが熱を帯びる。紹介後も後ろに檄を飛ばして、次の曲も飛ばしにかかり、ヘッドバットが飛び出す。続いて定番の曲で盛り上がると、トークで外との気温差のヤバさと、リリースしたばかりのシングルについて語る。そして、これも定番という落ち着きある曲を演奏。ここで告知タイムは、キーボードのじんさんから。ドラムのサポートは今回までで、あと2曲は後ろにも容赦なしに煽って驀進して、最後の最後まで完全燃焼で締めくくった。
これで終わる、わけがない。アンコールは惜しまないよ。まずは、出演者や観客に感謝の辞。そして、DMiのギター、Mayto.さんを加えて6人体制で定番曲を演奏して、華麗に終演となった。
物販・交流タイムでは、顔見知りの出演者を中心に、話で盛り上がる。そうそう、3/14にバンドライブが巣鴨で行われるそうで、待ち遠しいぞ。