第71回「アニソンやっちゃって!」

江古田ドロシー連休が明けると、いきなり恒例のアニソンライブ「アニソンやっちゃって!」がある。仕事を終えると、東京メトロ半蔵門線、都営新宿線、都営大江戸線で新江古田へ向かい、徒歩で江古田ドロシー(写真上)へ。いつも通りに、着ぐるみの「はるるん」の出迎えで待機して、18時30分に開場となって受付を行う。そして、定刻の18時45分に開演。
陽向 海真珠(ひなた まりん)さん。黒肩出し服と赤パニエ、初出演の16歳。いきなり懐かしのアニソンから始まり、見事な振り付けにヲタの手拍子が心地よい。紹介後、次の曲で動きの良さに、ヲタの手拍子にまりりコール。正月ネタを挟んで、定番アニソン。締めくくりは、和風アニソンで激しいダンス。
神崎 由衣さん。新年ということで、昨夏のワンマンライブ以来の和服ドレス。まずは、雰囲気に合わせて和風アニソンから始まり、ヲタはピンクライトで盛り上げる。次は普通のアニソンで白熱すると、立て続けに次も普通に歌いヲタの掛け声が飛び出して大賑わい。トークで、新年にテレビに出た時のエピソードを語る。最後は、よく歌うアニソンでボルテージ上げて締めくくる。
南雲 みなみさん。肩出しの黒ワンピース。突き抜けるような澄んだ歌声で、ヲタを引き込んで手拍子に掛け声と気分良く。紹介後、初詣ネタを語った後に、オーディションに合格して収録した事も話す。次は、しっとりな曲で落ち着き、この曲についての話をしたのであった。控えめに3曲で、最後は元気の出るアニソンをチョイスして、ヲタの手拍子がちょうどいいのであった。

第71回「アニソンやっちゃって!」寿々木 はるかさん。今回から衣装を変更して、白服黒チョッキと青い蝶ネクタイとミニスカート。なので、ヲタの点灯するライトは青に変更。落ち着きある失恋ソングから始まり、突き抜けるような歌声が響き渡る。はっちゃけトークで、ヲタがなぜが引く。次はハイテンションな曲で、ガンガン乗りに乗って青ライトを振って盛り上げる。告知は、言うまでもなく今月のレコ発ライブ。最後は、冬にピッタリのアニソンだが、物足りなさに煽るのであった。さすがに、あのサービスは無いよ。
ねみさん。ゴスロリ風の紫と黒の服とショーパン。ハイテンションな曲に、ヲタのピンクライトが乱舞するが、どうしたものか歌詞が飛びまくり。続けてハイテンポな曲で可愛い歌声で歌い、ヲタの手拍子が響き渡る。一転して落ち着きある曲に、ヲタも静まる。休む間もなく、テンション上げの曲でヲタの手拍子が乱舞。トークを挟まず、最後はヲタと共に掛け声をしあう曲に、手拍子が心地よい。
川瀬 奈津さん。青ワンピースに黒革ジャン。いきなり突っ走り、赤ライトが乱舞して、ついにヲタ芸打ちが始動した。紹介後、花粉症に悩まされているのか、ろれつが回らない。次はアニソンでボーカロイドを歌い、煽ってヲタの掛け声を誘い、なっちゃんコールにヲタ芸も飛び出した。トークで、オーディションに参加するという告知を行い、昨年は最終審査で惜敗しただけに今回は勝ち残りたいという。最後は、定番アニソンでヲタの掛け声を誘い、手拍子で調子良く。
優奈さん。白シースルー服と白ドレス。可愛い歌声で高音も歌い切るが、顔が見えないとぼやいていた。しばし、静まったひとときであった。次はパワーあふれる曲で、ヲタの手拍子が乱舞してムード満点になる。ここからは、一気に加速してハイテンポに手拍子が響き、最後も連続でハイテンポな曲に手拍子に掛け声と完全燃焼して、締めくくった。
物販・交流タイムだよ。いつものように、明るくワイワイと過ごして時間いっぱいまで滞在。