アキバなライブ☆カフェ Vol.130

秋葉原Eggman Tokyo Eastお誘いはあったものの、なかなか行けなくて、かねてから行きたかったライブ「アキバなライブ☆カフェ」に、ついに行く時が来た。東京メトロ東西線と都営新宿線で岩本町へ向かい、軽く昼食後に会場の「秋葉原Eggman Tokyo East」(写真上)へ。
前半の第1部は12時30分開場なので既に開いており、受付を済ませて場内へ。ちなみに、第2部を含めた通しの前売で押さえている。12時45分、開演。
MCはYUCKEYさん。注意事項アナウンスと主催からの重要事項についての説明が行われる。さらに、ドリンクのランキングも行われる。
第1部でのメイドキャスト(第2部でステージ出演)の紹介。ここからは、ステージ出演者(第2部ではメイドキャストとして活躍)が登場。
Pure Memories。最初はソロで登場、何故か青セーラー服。アニソンから始まるが、ヲタ1人が浮いた状態で盛り上がる。と、もう1人のヲタが加わる。相方が赤セーラー服で登場して、次の曲が始まると2人のヲタが芸打ち。
RION(リオン)さん。このライブは初出場。場に合わなそうな和風制服。歌い始めると、ヲタ2人の芸打ち始動に観客も手拍子。次はタオル回しのアニソンで、ヲタ2人もタオル持参して加速しながら突っ走る。紹介で、大抵は日暮里プロモボックスで活躍中。最後は和風アニソンで、今回は全てパチのアニソンで固めた。
そよかぜ。ネオ昭和歌謡グループ。じゃじゃ馬のYUCKEYさんとお嬢様の宝城 里音さんのユニット。古風サンタドレスで、昭和にタイムスリップ。やはり、懐かし風の曲が意外によく合う。紹介後に、辛いケバブで胃を痛めたYUCKEYさんの話。次は音頭で手拍子響いて大賑わいして、さらに元気が出る古風の曲。告知タイムの後に、最後はチャイナ風の曲で昔の雰囲気はお開きとなった。
みでぃさん。厚手のコートで隠して登場。1曲歌ってから紹介後に軽く話す。ここからは3曲連続で、手拍子が響き渡り盛り上がる。さすがに暑くてコートを脱ぐと、白ドレスだったよ。あとはクリスマスの曲を連続で歌った。
予約を入れた、YUCKEYさん。モダンデザインのサンタドレスに水色ウイッグ。まずはアニソンから始まり、ヲタたちが黄色オリジナルTシャツに着替えて、いきなりヲタ芸打ち始動。クラシック替え歌を歌いながら自身の実話寸劇、なのだが内容は悲劇そのものであった。オリジナル曲を2曲連続で、クリスマスの曲から始めて、最後は定番曲でヲタ芸打ちにYUCKEYコールに掛け声と、終わりを惜しまんとばかりに白熱する。
オリジナルドリンクは、宝城 里音さんにオーダーをリクエスト。
ステージ出演者が再登場してから、第1部の物販・交流タイムが行われる。宝城 里音さん、みでぃさん、YUCKEYさんに会う。15時15分に第2部の準備に入るため、会場を一旦出ることにした。

アキバなライブ☆カフェ Vol.130後半の第2部は15時45分開場で、定刻に受付を行い席を確保。16時開演。
MCは宝城 里音さん。第1部と同じく、注意事項アナウンスと主催からの重要事項についての説明が行われる。
第2部でのメイドキャスト(第1部でステージ出演)の紹介。ここからは、ステージ出演者(第1部ではメイドキャストとして活躍)が登場。
あゆ☆さん。名古屋を拠点に活動中。白ワンピースのメガネっ娘。12月の出来事にまつわる曲から始まる。トークはバス移動ネタ。この後は2曲連続で歌う。ハイテンポな歌で、手拍子が大忙しでせわしなかったねぇ。最後は、ヲタの定番掛け声が飛び交う曲で盛り上がる。
後藤 亜希さん。白ミニワンピース。紹介後に語りが入り、そして歌に入ると掛け声に手拍子とハイテンポに驀進。続いては、歌い始めと同時にヲタ芸やヲタの定番掛け声が飛び交う。3曲目は、まったりな曲で落ち着く。告知タイムは、年末のライブに動画。最後は、また語りから入りハイテンポでハイテンションな曲で締めくくる。
さぁやさん。白セーターにピンクパニエ。いきなり放送事故のハプニングが発生するが、何とか乗り切る。次は定番アニソンで盛り上がり、掛け声に手拍子と大はしゃぎ。紹介してからセットリストの話で、クリスマスとは関係ない曲とこぼす。3曲目は、最前列にヲタ集結で芸打ちに定番掛け声と大暴走し、最後も変わらずヲタのノンストップぶりが目立つ異様な雰囲気で締めた。
ここでMCタイムに入り、YUCKEYさんはチョコレートケーキが甘過ぎて苦手、さぁやさんはクリームが苦手という。スイーツが好きなはずの女の子でも、苦手はあるようだね。
最後は、宝城 里音さん。パステルカラーのお姫様ロングドレス。まずは古風の曲から歌い、ヲタの最前列集結にヲタの掛け声に手拍子。続いては明るめの曲で、またまた手拍子や掛け声で華やかに。紹介後に、先月のドリンクランキングで1位を獲得して1曲ボーナス追加となったため、次に大好きな曲をここで歌い、またまたヲタの爆走が止まらない。この後も、懐かしさを思わせるオリジナル曲で掛け声と手拍子に包まれてムード満点。告知タイムでは、年末年始のライブについて。最後はやや落ち着きある曲で、ヲタの掛け声に手拍子に芸と終わりを惜しまんとばかりに完全燃焼。
オリジナルドリンクは、YUCKEYさんとみでぃさんにオーダーをリクエスト。
ステージ出演者が再登場して、ここでドリンクランキングの発表。第3位は後藤 亜希さん、第2位は首位を譲ってしまった宝城 里音さん、第1位は初出演のRIONさん。そして、第1位に輝いたRIONさんの感想。
終演後は、物販・交流タイム。その前のMC中にYUCKEYさんとみでぃさんと、終演後は宝城 里音さんと後藤 亜希さんとRIONさんと会う。最高の気分のまま、アキバを後にしたのであった。