☆佐々木 かの バースデーワンマンライブ☆ ~simply,purely~

Live Space CAVALLINO今宵もワンマンライブがある。日に日に早くなっていく日没で夜の出発。都電荒川線と京浜東北線で川口へ向かい、徒歩で会場のLive Space CAVALLINO(写真上)へ。さすがに並んでいる観客は多い。開場は、10分遅れの18時40分。受付を済ませて最前列の席を確保してから、レコ発のCDを買う。と、ゲストの世手子さんと会う。ドリンクだが、限定スペシャルドリンクはチケットでの引き換えは不可のため、他をチケットで引き換えてから改めて現金払いする。定刻より5分遅れの19時5分開演。
オープニングアクトは、ゲストの世手子さん。ピアノ弾き語りで1曲歌った後に、意味不明な大声であいさつ。さらに1曲歌い、ここで大宮は行っているが川口は初と語る。1曲歌い、また騒いでから最後の曲を歌って締めくくり。
オープニングメッセージが流れ、ついに主役の佐々木 かのさんが登場。
第一部。まずは、ソロでピアノ弾き語りを感謝の気持ちを語りながら歌い、あいさつの後はクリスマス向けのラジオ発オリジナル曲。トークで、バースデーのエピソード。で、バースデーの曲。ここで、ギターサポートのマリーさん登場。名前に反して、男性である。ネギにちなんで、服装は上が白で下が緑。続いては、バースデーにちなんだラジオ発オリジナル曲。トークで3年前のワンマンライブを、ここで開催した時のレコ発の話をする。で、その時の曲とカップリング曲を続けて歌う。さて、レコ発のアルバム作成の話。ここで、ピアノはお休みで収録曲から時期的にピッタリなラジオ発オリジナル曲を歌う。締めくくりは、YouTubeにアップされている曲。
休憩中に、限定スペシャルドリンク(写真下)をオーダー。

限定スペシャルドリンク第二部。ピアノサポートの、中村 美朱々さんが登場。主役とは、2年前に新宿のカレー店で対バンして以来という。宮崎県出身で福岡中洲で路上を続けたが、上京を希望して東京へ。ただ、兄が病の身。CD収録曲から、今日向けに特別バージョンで演奏する。ここで、ゲストの世手子さんが鍵盤ハーモニカ演奏で出演し、コーラス担当のえんぢぇるさん、雰囲気に合わせて薄紫ロングワンピースに衣装替えした主役がヴォーカルとして登場。季節は逆だが、子育てにちなんだ曲を歌い、世手子さんが引いてからトーク。えんぢぇるさんとの出会いは、昨年のクリスマスライブ以来と言い、中村 美朱々さんとの話もちょこちょこ。ここで、シンガーソングライターとして初のオリジナル曲を歌う。今朝の雨にちなみ雨の話、ということで雨の曲を歌う。さあ、雰囲気を変えて、聞くからにおぞましい本音直球勝負な曲を歌う。雰囲気を戻して、レコ発収録曲から1曲。バラードが続いたので、ハイテンションな曲を歌う事に。ギターサポートのマリーさんが再登場し、歌と共に手拍子が響き、かなり盛り上がる。最後は新曲で、惜別をテーマにしているが明るめの内容で、また手拍子が響き渡る。
で、終わるわけないのよ。そう、アンコールだよ。5人総出で登場してから、告知タイム。途中で、バースデーサプライズ。ここで歌うはネギが出て来た、となれば深谷のオリジナル曲。
終演後、撮影タイムと物販・交流タイム。最後までいたいが、都電荒川線の最終に間に合わないため、少し早めに引き上げ。