Neontetra 2ndワンマンライブ

赤坂グラフィティ週末に入っても、ワンマンライブラッシュは止まらない。今宵は、副都心線と丸ノ内線で赤坂見附へ。夕食後に、会場の赤坂グラフィティ(写真上)へ。18時開場なので、既に受付は始まっている。受付を済ませて場内に入ると、ほぼ満員だ。今時だが、未だ買っていなかったアルバムを買う。しばらく待って、定刻より10分遅れの18時40分に開演。
1次会。例のBGMに始まり、少ししてNeontetra(写真下)の正規メンバー4人(ヴォーカル担当のセイカさん、ヴォーカル兼ギター担当のユウスケさん、ベース担当のヒデユキさん、エレキギター担当の赤坂 奏真さん)と、サポートドラムの5人体制で登場。バンドのコンセプトに合わせた会社員風の服装で、元気ある曲から始まり、観客の青ライトに手拍子が賑やか。続いてもテンション高めの曲に、勢いが止まらない。
ここで、自己紹介を行う。
次は、まだCDリリースしてないが、セイカさんが書いた曲。さらに、望郷漂うあの曲を歌う。トークで、4人の今年のビッグニュースを各々語る。早いような気がするが、バンドユニットとしてのライブは年内最後であるため、今夜に行っているのだ。ヴォーカル交代で、セイカさんがピアノ弾き語り、ユウスケさんがギター弾き語りで、夜のムードを高める曲で和む。もう1曲は、ユウスケさんが好きなミスチルの曲をカバーで歌う。ヴォーカル交代で元に戻ってからは、掛け声に手拍子と白ライトで盛り上がる曲と、青ライトに戻って爽やかな気分になる曲で、締めくくり。
ここで、カクテルの投票と質問カードの投函。と、ピアノ弾き語りのシンガーソングライターのmocaさんが来た。

Neontetra2次会。ここからは、一転して軽い衣装に変えた。1曲歌った後に服装のコンセプトを聞くが、黒い服の男性陣のザックリぶりに赤ワンピのセイカさんが突っ込み。次は、セイカさんの赤い服に合わせたような情熱高き曲。そして、明るい雰囲気を振りまく、あの曲で手拍子を誘う。トークに入るが、男性陣のダンマリぶりに、セイカさんがたまらずキツク突っ込みを入れる。さあ、観客の質問に答えるコーナーで、グダグダ感たっぷりで笑いも。ここで、セイカさんがZARDの曲をカバーで歌う。さて、全員スタンドアップでハイテンションな曲を3連発。青ライトに手拍子に掛け声が飛び交い、最高潮のままに、終わったのであった。
なわけないでしょ。手拍子が止まらない、アンコールだよ。今回は、アメリカ大統領選挙にちなんで、クリントン候補、トランプ候補、オバマ大統領、なぜか日本から安倍首相の全面マスクで登場。青いオリジナルTシャツに着替えたが、さすがに暑いそうでマスクは取った。ここで抽選会が行われるが、何も当たらず。でもってカクテル投票は、僕も入れたセイカさんが1位、同票ビリはユウスケさんと、赤坂 奏真さん。次回(来年2月)に行われる、来年始めのバンドライブのMCを行うという罰ゲーム。そして、タオルを使う曲で盛り上がる。重大発表は、来年4月8日にセイカさんの生誕祭(当日2日前)が開催されること。この1年を振り返る話で、バンドで活動することを決意して再始動した、という内容。最後は、これ無くしてNeontetraは語れない、という大事な曲。約3時間のライブは終演。
物販・交流タイムだ。長蛇の列で時間がないため、話す時間は少しだけ。でも、良かった。そして、赤坂を後にしたのであった。