第69回「アニソンやっちゃって!」

江古田クラブドロシー今週は平日になってもライブが多めに入っている。この日はアニソンの定例ライブ「アニソンやっちゃって!」がある。仕事帰りに日本橋から半蔵門線、都営新宿線、都営大江戸線と乗り継いで、新江古田へ。そして、徒歩で江古田クラブドロシーへ。定刻の18時30分に開場となり、着ぐるみの「はるるん」こと、寿々木 はるかさんの出迎えで受付。しばらく待って、定刻の18時45分に開演。
あとりさん。ゴスロリに合わせたかの様な、英語歌詞の曲から始まる。軽く紹介するとアニソンを歌い、ヲタの手拍子が響き渡る。トークは手短に、次の曲は気に入りで手拍子が飛び交う。告知は後回しで、最後は手拍子に加えて掛け声も飛び出す白熱したアニソンで締める。
予約を入れた、神崎 由衣さん。いきなりロックンロールから始まり、ヲタの掛け声もせわしなく、さらにたたみかけるかのようにハイテンションなアニソンと続けて、掛け声にヲタ芸とヒートアップ。それでもとどまる事を知らず、よく歌うアニソンで大暴れ。トークで先日の旅話をしてから、最後はテンション高めだが前がきつくて落ち着いた感じに感じるアニソンという展開に持ち込んだ。
川瀬 奈津さん。最初から曲ミスのアクシデントがあって、仕切り直し。最初からハイテンポに突っ走るのだった。紹介して空元気な事をこぼしてから、そこそこのテンションな曲で、手拍子と掛け声が飛び交う。最後は、明るいながら懐かしい感じの曲と言いながら、CD焼き損ねで別の曲に差し替えて乗り切った。

第69回「アニソンやっちゃって!」寿々木 はるかさん。今月からコスチュームを水色に変えて、それに合わせて爽やかな可愛さで、ハイテンションな曲で始める。紹介後、雰囲気に合う曲を歌うのだが、まさに青春そのものだね。後半は空をテーマに歌う、という事は有名な例のアニソンだね。もちろん、ヲタ芸も飛び出したぞ。最後も、白熱して盛り上がるアニソンで締めくくり。
ねみさん。先月の影響を受け過ぎて、後遺症になったと思った。テンション高めの盛り上がるアニソンから始まり、続いて秋なのに春のアニソンで熱く、さらに桜を思わせる、これでもかと勢い付かせる曲を歌う。もちろん、ヲタの手拍子も熱く。すると、物足りなくて煽りにかかる。これでもかと、またして春真っ盛りな曲を歌う。最後は普通にハイテンションなアニソンで、手拍子に掛け声に囲まれながら締めくくり。
織瀬 麻美さん。風邪ひく中での出演で、ゆったりした曲から始まる。バースデー祝いの、トリ出演の草摩 透さんに合わせて選んだという。次は定番アニソンで、手拍子に織瀬コール。ヲタのイジリに遭いながらも、次は落ち着きある曲を歌い、やや手拍子が響く。最後は知らなそうなアニソンで、トリにつないだ。
草摩 透さん。早めのバースデー祝い、27日が当日なのだが。事前に白風船ライトに、白サイリウムが用意される。最初は静まっていたが、テンションが上がると手拍子に掛け声、さらに風船ライトが投げ込まれた。次は、これまた定番アニソンで、ヲタの掛け声が飛び交い、花束贈呈にクラッカー鳴らしと来た。何と、今日は妹が来ているという。最後は、濃厚ヲタなら踊れるというアニソンで、手拍子に乗って最高潮となって終演を迎えた。
さあ、物販・交流タイムだ。限られた時間の中、結構慌ただしく回った。明日も仕事でライブもあるので、タイムアップで帰宅したのであった。