裕里菜 バースデー ワンマンライブ 『秋桜 ~ぬくもりに包まれて~』

SOUND GREEK Doppo昼のライブが終わって、市ヶ谷から移動して夕食をとるなどして時間調整した後に、開場30分前に四谷のSOUND GREEK Doppo(写真上)へ。この時点で、既に数人待機客が並んでいた。開場は18時から。受付を済ませてから席を確保して、前物販での購入を検討。物販の担当は、昼のシンギンザレインのライブから移動してきた、杉山 結香さん(ギター)。動線の複雑さか、かなり混み合っている様子だ。
居酒屋ライブの会場として提供している、平和島いさりびの主人も来ているのだ。今年は、初のヴァイオリンサポートも有るという気合いの入れようだ。こちらもチケットは完売しているため、事前購入していなければ入場不可だ。18時30分、開演。
第1部は、裕里菜さんがソロでピアノ弾き語り。いきなり2曲連続で歌ってから、あいさつと紹介。昨年は、あまり楽曲を制作していなかった為に、今年は大いに楽曲制作に取りかかっていたという。その中で、制作した曲の1つを次に歌う。さらに、手拍子が軽やかな曲と、初期の頃に制作した曲を歌う。締めくくりは、今年制作の冬の曲を歌う。これで約35分の第1部は、お開き。
ここからは、ピアノ弾き語りのお友達出演タイム。まずは、山谷 結さん。2曲だけであるが、ほっこり明るめの曲と手拍子響く温かい曲と続ける。次は、青木 さおりさん。歌うのは3曲。ゆったりとした曲から始める。紹介後に、日曜日にちなんだ曲で手拍子が響き渡る。そして、バースデー祝いの曲で締めくくり。約35分のお友達出演タイムは、ここまで。
ここで、約20分の小休止。物販コーナーやドリンクカウンターは、大賑わいであった。

裕里菜 バースデー ワンマンライブ 『秋桜 ~ぬくもりに包まれて~』 出演者第2部は、サポートメンバーを加えての演奏。まずは、主役の裕里菜さんと杉山 結香さんの2人。裕里菜さんが前奏や間奏でピアノハーモニカを吹き、杉山 結香さんの演奏と共にヴォーカルとして歌う。ワンマンライブは2010年から始めており、今回で5回目となる。ビールを扱うカフェがあって、ビール好きな裕里菜さんにとっては嬉しいという。昨年のワンマンライブは、ビールを飲めなかったのが心残りだったので、今回はビールを飲むと決意したのであった。次は、春の曲だがビールの曲、そしてまたピアノハーモニカの前奏で始める曲。手拍子が気分いいものだ。裕里菜さん、ピアノ弾き語りに戻り、と思いきやピアノハーモニカで前奏してからピアノ演奏にかかって歌う。ここでサポートがもう1人、WAKAKOさん(バイオリン)が加わる。3人体制で演奏することになり、各地で発生した災害の被災者の為に制作した曲を歌う。さらに大好きな花、コスモスにちなんだ大事な曲を歌う。続いて、昨年のワンマンライブでメインとなった曲を手拍子に乗って歌う。トークで、今回で30代最後のワンマンライブと言うそうな(言っていいの?)。で、柔らかな曲を歌う。サポート2人が引いて、裕里菜さんソロになって最後の曲は、今日の終わりに聞くとピッタリの新曲。約1時間の第2部は、お開き。
と、手拍子が止まらない。アンコールは、杉山 結香さんと2人共演。ヴォーカルでビールの曲を2曲連続、WAKAKOさん合流で裕里菜さんはピアノ弾き語りで3人体制となってから、バースデー祝い。締めくくりは「未来Story☆を君と」を観客一同と共に歌った。
この後は、出演者全員が揃って写真撮影タイム(写真下)。そして、物販・交流タイムとなった。かなりワイワイな時が過ぎて、昼夜と続いたワンマンライブの日は幕を閉じたのであった。