SAOLI 3MAN LIVE

HEAVEN青山会いたかったが予定が合わずに延び延びになった、あの方のバースデーライブに行くことにした。平日なので、仕事帰りで都営浅草線と都営大江戸線で青山一丁目に向かい、徒歩で外苑前駅の北にある「HEAVEN青山」(写真上)へ。途中で夕食を食べても、かなりの早着だった。入口は非常に狭い。待っていると、バースデー当日のSAOLIさんに会った。
定刻の18時30分に開場。受付を済ませて、しばし飲んで待機する。定刻より10分遅れの19時10分に開演。
かさねさん(写真中)。ギター弾き語り。大久保でのワンマンライブで会って以来で、旅回りしてそうな風貌で登場。場内に響き渡る美声で雰囲気良く。軽く紹介して、次の曲。トークでは、SAOLIさんとの関係や全国での活動等を話す。続いて、負けそうな時に歌う檄入れの曲。SAOLIさんの第一印象を語り、来年3/18(土)にワンマンライブを渋谷チェルシーホテルで行う告知をしてから、最後はハイテンションな曲で観客の手拍子に囲まれて最高の気分のまま、約30分の演奏を締めて、次につないだ。
準備で、約10分小休止。なんと、上原 綾華さんが客として来ていたではないか。

かさねさん酒場に愛を。ベースヴォーカル担当のアマノ カオリさん、キーボード担当のみこちさん、ギターヴォーカル担当の若衆 一麻(わかいし かずま)さん、ドラム担当のあきらさんの4人ユニット。ライブハウスながら、みんなしてビールを飲むのである。まずは、若衆 一麻さんのギター弾き語りソロでの滑り出しから、途中でバンド演奏が入って全員で歌い、アマノ カオリさんのベース弾き語り、全員合流という具合。次はハイテンポに飛ばして、さらに五月蝿い曲をガンガン鳴らしてバンドライブに。ここで、内輪ネタトークを繰り広げる。今度は、若衆 一麻さんがハーモニカを吹きながらギター演奏しながら、アマノ カオリさんのベース弾き語りコラボで1曲歌い、続いてはアマノ カオリさんのソロでベース弾き語り1曲。ここで告知、主にライブバーで活動しているという。またハーモニカを吹きながらギター弾き語り演奏するも、途中でハーモニカを外して続行、観客に掛け声を求めて大盛り上がり。最後は、場に合わせた曲で約50分間の掛け合わせたっぷりのバンド演奏は締めくくった。
バンド準備で、10分小休止。

SAOLIさんトリは、バースデー主役のSAOLIさん(写真下)。ギターサポートの井草 聖二さん、パーカッションサポートの森 拓也さんと共演。オープニングはサポート2人の演奏。そして、主役の登場と共に美声が場内に響き渡る。そして、観客も増えている。紹介と御礼を言うと、次の曲でゆったりとした時間が過ぎる。サポート2人の紹介をしてから、ゆるく1曲。トークでは、酒豪ぶりを話す。アーティストを始めたのは5年前のことで、最初は理想と現実のギャップに悩んだという。そんな中で作られたデビュー曲を、次に歌う。ここで、ビール好きな彼女はビールサーバを持って帰ると、ジョークを一発。またゆるめの曲だが、サポート2人に突っ込まれたそうだが、それでも見事に仕切る。さて、井草 聖二さんだけ残って1曲だけのワンマンショーを行うと、再び3人に戻る。最近は約1年間、諸事情で活動休止期間を設けていたが、こうして復帰した事を告知。そして最後は、初披露の曲をお披露目して締めくくった。
で、終わるわけないのよ。さて、アンコールはテンション高い曲で、手拍子が飛び交って気分いいねぇ。バースデーケーキでお祝いした後に、物販・交流タイムとなった。しばし話したが明日も仕事なので、やや早めに引き上げた。