2016年夏帰省

実家の2階より今回の夏帰省は21日(日曜日)に池袋でワンマンライブがあるために、19日~20日の2日しか滞在できないというタイトなスケジュールであった。もちろん、できる限り長く実家で過ごしたいので、航空便も運賃とにらめっこで配慮。
19日の搭乗便が毎度のこと早朝であるため、前日の晩に羽田空港内の格安ホテルで泊まる。仕事が終わって、荷物を準備してから高田馬場駅へ駆けつけ、東京メトロ東西線で九段下へ、東京メトロ半蔵門線で水天宮前に向かい、TCATから羽田空港行きのバスに乗車。TCATは羽田空港までの所要時間が約20分と短く、運賃が最も安く(820円)便数が多いからである。
TCATを出ると、福住ランプから首都高速道路に入り、辰巳、有明、台場、大井を経て羽田空港まで順調に進んだのである。国内線第1ターミナル1階の「FIRST CABIN 羽田ターミナル1」で一泊。
翌朝5時に支度をしてチェックアウトしてから、国内線第2ターミナルまで歩いて、保安検査を行ってから61番ゲートへ。
乗るのは6時15分発、ANA985便・大阪(伊丹)行き。6時には搭乗手続きが始まり、定刻より早く出発。途中、雪の消えた富士山を眺めて雲の多い上空を安定してフライト。あっという間に時間は過ぎて、7時10分に伊丹空港に着陸してゲートには定刻の7時20分に駐機した。
足早に乗り換え、平日のやや混雑した大阪モノレールと阪急線で向かって、実家には8時過ぎに到着。朝食をとってから休憩して、しばらくすると実家のパソコンのメンテナンスにかかる。ただ、回線がADSLであるために非常に遅いのである。導入当時はさほどでもなかったが、時代が進めばデータ量が増えるものだねぇ。テレビは、オリンピックを見ないので出番がない。晩は帰省時恒例の、豪華な食事で盛り上がる。入浴時刻は20時台と早く、22時には早々と消灯したのであった。
土曜日の朝は、6時頃に起床して早めの朝食。昨日に続いてパソコンのメンテナンスを行う。一方、オヤヂは昼から高校野球をテレビで見ている。これも毎年のこと。僕はメンテナンスの間は仮眠をとる。暑い時は、無理に体を動かさないのが良い。さすがに、わずか2日では終われなかった。早めの夕食後に準備をして、伊丹に向けて出発することに。
昨日の朝とは逆のルートで伊丹空港に着き、保安検査も手早く済んで、10番ゲートに向かってスタンバイ。帰還便は20時20分発、ANA040便・東京(羽田)行き。20時には搭乗手続きが始まり、定刻5分前に出発。星が瞬くような夜景を眺めながら、大阪を後にした。夜なので、外を眺めるよりも機内で休む時間となったのである。機内では外国人客が多くて、客室乗務員の英会話が聞こえてきた。出発が早ければ到着も早く、21時20分に羽田空港に着陸して、10分ほどで駐機スポットに。
早めに帰宅したいので、空席があって早く出発できるリムジンバスを探し、21時55分発の池袋駅西口行きの乗車券を買って乗車して池袋駅まで行って、東京メトロ副都心線で帰宅。今回は、本当に慌ただしかったよ。さあ、明日の準備だ。