第67回「アニソンやっちゃって!」

江古田ドロシー立秋が過ぎて、ますます暑くなる日々の第2火曜日、と来れば、猛暑の中の熱いアニソンライブがある。今回は開場・開演時刻がいつもより15分早いため、帰宅してからでは間に合わず、勤務地の日本橋から大手町、池袋を経て江古田へ向かった。
18時前に余裕で、江古田ドロシー(写真上)に到着。18時15分の開場まで、しばし待つ。と、着ぐるみの「はるるん」こと、寿々木 はるかさんが、いつも通りに受付に出没。定刻に受付が始まり、場内でスタンバイ。そして、18時30分開演。
予約を入れた、神崎 由衣さん。白半袖シャツと黒ベースの花柄ワンピース。ワンマンライブが迫る中、一番最初でいきなりメドレーから始めた。それも、これでもかと延々約12分にわたって歌い続けた。トークで、やってもうたネタをポロリ。最後の曲を歌う前に、タオルや飲み物を忘れたのに気が付く。それでも、最後まで歌って乗り切った。
大神 愛璃(おおがみ あいり)さん。白と紫の浴衣。テンポ速い曲から始めるが、飛びまくった。トークで、ヲタたちに「りんりん」と呼ばれ、ついでにイジられる。気を取り直して、次の曲は調子良く歌った。告知は、ライブのMC出演とコミケに出るという内容。そして2曲連続で歌い、ここでヲタの掛け声が始動した。
寿々木 はるかさん。珍しく、着ぐるみのままで登場。オリジナル曲から始まる。次の曲から、着ぐるみを脱いだ。今回は、勇気を振り絞って、黒ベースのオレンジ水玉のノースリーブとミニスカートで登場。2曲連続でハイテンションに歌い続ける。告知タイムの後、最後まで思いっきりの良さで突っ走った。

第67回「アニソンやっちゃって!」ねみさん。戦闘モードに入ったのか、黒半袖服にカーキ色ミニスカート。おまけに、布団叩きまで持参。そんな女神様は快調に歌い、濃厚ヲタを布団叩きでペチペチ。次の曲は普通に盛り上がるが、この後の曲はメリゴータイムで大はしゃぎして、「ねみちゃん」コールで大賑わい。最後は濃厚ヲタが芸打ちで共演して、派手に締めくくった。
草摩 透さん。前部とコルセットが紫の白ワンピース。数ヶ月前よりも、歌がかなり安定してきた。それだけでなく、異世界に引き込ませるかのように歌うのがスゴい。でも、たまに飛ぶけどね。トークでヲタたちにイジられ、「くさま~!!」と言われる(正しくは「そうま」だよ)。最後の曲で、トリに出演の織瀬 麻美さんのバースデー祝いを歌で送った。
高梨 葵子さん。王女風の白ドレス。このイベントは、初期の頃からの出演。最初から大きく盛り上がり、トークで「きこりん」コールが上がると「初めてじゃないね」と突いてきた。次は静けさ漂う曲で、かなり久々に落ち着いた。続いて、紫と緑のライトでテンションアップすると、最後は手拍子が響く気分爽快な曲に「きこりん」コールも乱舞して、トリに繋げた。
織瀬 麻美さん。肩出し白ミニワンピース。まずは定番アニソンで、緑ライトが乱舞して「おりちゃん」コールがかかる。トークは淡々と済ませて次の曲を歌うが、不安が的中して飛んだ。それでも、すぐに安定したので良かったねぇ。バースデー祝いで賑わったら、もう最後の曲に「え~!?」。ヲタの掛け声が飛び交い、終わりを惜しまんとばかりに完全燃焼。と思いきや、リア友2人ステージに登場して、3人で1曲歌って終演となった。
なお、出演予定だったMisato*さんはキャンセルとなった。
物販・交流タイム。大半が顔見知りなので、ギリギリまで滞在。スタッフが終了コールをかけるまで、ずっといたのであった。そして、江古田を後にしたのであった。みなさ~ん、楽しい夜をありがとう!!